カラミざかり【3巻後編ネタバレ】遂に結末へ!

カラミざかり(3巻)

桂あいり先生の人気オトナ漫画「カラミざかり」3巻の後編。これが完結巻となります。

今までに片鱗の見え隠れはしていましたが、意外な結末を迎えていく形となります。エロ描写は最高ですが、ストーリーも個人的には好み。読者によって各々のカラミざかりが感じ取れる内容に仕上がっています!

この漫画の試し読み
カラミざかり

この漫画は電子書籍ストア「BookLive」で先行配信&試し読み可能!今なら新規登録で50%OFFクーポン進呈中!

今すぐ試し読みする

カラミざかり(3巻)

カラミざかり【3巻前編ネタバレ】絶倫男に滅茶苦茶にされていく女子高生二人!

カラミざかり【3巻後編】ネタバレ

カラミざかり(3巻)

野球部の先輩が着替えて帰る中、まだグラウンドが整地されていない事に気が付きます。部室へ行って貴史を呼びつける先輩。

寝ていたと誤魔化す貴史の背後には…。
憧れの先輩である竹内の淫らな姿。3巻前編のラストシーンから貴史はどうやら竹内と部室で絡み合った模様。

場面転換。智乃へ。
彼女は母親と街でショッピング。途中、母と別行動をする事になってブラブラしていると車に乗っている和紀を発見。

久しく和紀を見てテンションの上がる智乃。

その直後、和紀の車に乗り込んでいく里帆の姿を捉える智乃。一気にテンションは急降下。

大学生達からの2穴同時攻め…!

和紀宅で開発されまくっていく里帆。イカされ続けていく。

そんな中、和紀宅へアンナの彼氏である俊也がアポ無しで来客。和紀と里帆がそういった関係になっていたことに驚き。俊也はシーツで裸を隠す里帆の隣に座り込んでいきあmす。

『こんちわーごめんね、おじゃまして』

そんな事を言いつつ、俊也の腕はシーツの中へ。アソコを弄られていく里帆。イッたばかりで身体が敏感は里帆。俊也の手○ンで感じていってしまう事へ。

そしてお湯を沸かしていた和紀。3人分のコーヒーを作ってリビングへ持っていくと…。

既に里帆を堪能していた俊也。何の抵抗もなく俊也を受け入れて感じまくっていた里帆。それを見て和紀。

『悪い子にはおしおきしなきゃね』

和紀は下半身のもう一つの穴に自分の棒を微笑ましく突っ込んでいく。

好きな子の現実を知る事になる高成!?

夏休みが明けていく。
高成と貴史も久しく顔を合わせていく事へ。そして下にいた竹内に気がつく貴史。手を振っていく。

『野球部のマネージャー、んで、俺のカノジョ』

二人の関係に進展があった事に驚く高成。一方で彼はどうしても里帆に視線が向かってしまう。授業も終わると保健委員である里帆と大石といった男子生徒が先生に呼ばれる。

高成は二人が保健室で激しくセッ○スしている妄想を繰り広げ、トイレで一人自慰行為。一方、女子トイレ。

アンナから里帆と何かあったのか尋ねられる智乃。彼女は二人の関係に変化があった事を見逃していなかった。

『まー生きてたらさ、色んなことあるよねー』

放課後。智乃は里帆へ一緒に帰ろうと誘っていく。その様子を見ていた高成。貴史は部活。別れを告げて一人で帰宅していく事へ。

帰宅中、一人で歩く智乃を捉える高成。里帆と一緒だったのにどうしたのかと尋ねていく。一時の間を置いて真実を口にしていく智乃。

『多分、大学生のセフレと会ってる』

里帆の妄想で深く溺れる高成

智乃は夏休みにアンナの紹介で大学生と出会った背景を明かしていく。

『里帆のことお気に入りっぽかったから、今は二人でヤリまくってると思うよ』

信じられなかった高成。
それなら確かめてみようと智乃は和紀の住むマンションに高成を連れていく。これが1巻冒頭のシーンとなっている。

智乃は謝る。
彼女は高成が里帆の事を好きだと知っていながら真実を教えた事を。そして高成を見遣ると彼の下半身は勃起していた。

『あたしらもしよっか』

防音個室のネカフェに立ち寄って絡み合っていく智乃と高成。しかし、高成の下半身は智乃では元気にならなかった。帰ろうとする智乃。すると高成は里帆が遊んでいる大学生について尋ねていく。

話を聞いていくと元気になるムスコ。そのまま高成は智乃に愛撫していく。

『飯田はどんな感じで犯されてたの?』

そこに関しては嫉妬もあるのか、言いたくないと告げる智乃。ここからは高成が自分の脳内で犯される里帆を再生していく。犯される里帆に興奮を覚えていく高成。

そのまま智乃の中でフィニッシュ。その夜、高成は里帆にメッセージを送信。

『今から会えないかな?話したいことがあるんだ』

清楚ビッチを好きになって最高の気分に浸る男!?

公園に里帆を呼び出して自分の気持ちを告げる高成。

『あの俺…』

時は流れていき、喫茶店ラッキーでスーツに身を包む高成。喫茶店では里帆が働いていた。高成はコーヒーを一杯。会社から呼び出しを受けて喫茶店から出て行く。

『じゃまた話きかせて』

高成が里帆に告白した場面が回想される。

『君が犯された話を聞きたい』

これが高成の告白である。そこから里帆は事ある毎に高成に自分の秘め事を吐き出していく。高校卒業後の里帆の男性遍歴が明かされていく。紛うことなき清楚ビッチである(笑)

そして現在。
里帆はバイトする喫茶店のマスターと身体の関係を持っていた。

最後に高成の心情が明かされていく。彼は里帆を好きになって良かったと思っている。最低な気持ちを抱かせてくれる彼女。喫茶店のマスターをヤッている事を想像して高成の下半身はギンギンになっていた。

最後は満面の高成の笑みで完結を迎えていく。

カラミざかり【3巻後編】感想

カラミざかり(3巻)

最後の後書きであえて登場人物の心情を描かなかった事が明かされていきます。読者の想像でそれぞれの「カラミざかり』を楽しんでもらいたいと。

絡みシーンは最高でありながら、ストーリーと言うか、それぞれの心情もこの時はこう感じているだろうなぁ~など妄想が捗る漫画でもあった。

あまり成人向け漫画は読まないのだが、この作品は出会えて良かったと感じた。確かに成人向けなのでエロ描写は満載。しかし、人間らしい複雑な感情、心情など読み取れる二度美味しい漫画といった具合なのだ。

個人的に桂あいり先生が描く女性のシルエットや身体のラインも好みである。成人向けにありがちなやり過ぎな身体の加工が一切ない。気になったら是非、読んでみて欲しい漫画である。

そして、描かれなった心理描写をメインにした「カラミざかり」も配信されている。こちらは青年向けになっており、御池慧先生が漫画を描いている。

高成の心情、里帆が高成をどう思っているのか…これから明かされていくと思うので心理描写に寄った「カラミざかり」を楽しみたい人は是非、チェックしてみて欲しい。


カラミざかり

カラミざかり

原作・著者桂あいり
価格770円~(税込)

ある日の放課後、なんとなく始まってしまったセックスはクラスメイト男女4人の均衡をあっけなく崩した。青い性欲のまま走り出した彼らは、倫理観なんか無くなってしまったかのように──、理性なんか最初から存在しなかったかのように──、それぞれの身体を求め合い、セックスに没頭していく。──そして、あの夏休みが始まる──。

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「カラミざかり」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

\\ 青年漫画へリメイク //
カラミざかり【1話ネタバレ】成人向けから青春漫画へリメイク版登場!

\\ ↓↓以下でカラミざかりのネタバレをまとめています↓↓ //
カラミざかり【ネタバレまとめ】最新刊から結末まで公開中!