カラミざかり大人版【2巻前編ネタバレ】夏休みへ突入…ヤリまくりな男女4人の高校生!

カラミざかり(2巻前編)

こちらは、桂あいり先生が本家「カラミざかり」第2巻の前編をご紹介。ちなみに大人版ではなく青年版としてリメイクされた「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」もある。

青年版はエロ描写よりも高成の心理描写に迫った内容になっているので、比較しながら読むと非常に面白いぞ!

一線を超えた4人。
2巻ではそれが大爆発していく。ヤリまくりライフが描かれていく形になっている。特に貴史。罪な男なのだ。

この漫画の試し読み
カラミざかり

この漫画は電子書籍ストア「BookLive」で先行配信&試し読み可能!今なら新規登録で50%OFFクーポン進呈中!

今すぐ試し読みする

カラミざかり大人版【2巻前編】ネタバレ

カラミざかり(2巻前編)

貴史宅で絡みあった翌日。
学校の下駄箱で貴史と合流。彼は高成の肩に手を回して昨日の感想を耳元で呟く。

『昨日、まじ最高だったな』

ベッドに血がついてて母親を誤魔化すのに必死だったと嬉しそうに語る貴史。そこへ智乃と里帆が登校してくる。声のでかい貴史を背後から叩く智乃。

高成は里帆の顔を見遣っていく。
そして昨日の出来事が脳裏に浮かぶ高成。彼女の処女は貴史によって奪われていた。

その後、昨日の事が頭から離れずに授業にも集中できない貴史。そしてプールの授業へ。貴史と智乃が授業に参加せずに消えていく。

スクール水着×男子便所でハッスルハッスル!

貴史の中で「まさか」が過ぎっていく。そのまさかであった。貴史と智乃の二人は男子便所で絡みあっていた。

『そーいえば昨日さ…高成の精子…飲んだの?』

貴史は自分のも飲み込んで欲しいと智乃に懇願をしていく。一方、プールでは里帆の身体を見つめてしまう高成。

男子トイレでは貴史のリクエストに応えていく智乃。第2回戦も開始されていく。

その後、貴史にどこへ行っていたのか尋ねる高成。隠さずに智乃とトイレでヤリまくっていた事を明かしていく。

『てかさ、新山と話したんだけど、放課後またウチでさ…』

放課後、ドラッグストア前。
貴史はアレを買う為に店へ入っていく。高成の心の中では今日こそは里帆と一緒にヤリたい気持ちが芽生えていく。そんな時、同級生3人組が声をかけてくる。

貴史もドラッグストアから出てくる。袋にお菓子など大量に入っていた。それを見た同級生は4人で何かするのかと思って仲間に入りたそうにしていく。しかし、母親から買い物を頼まれたと誤魔化す貴史。

同級生達も納得して立ち去っていく事へ。

ちなみに貴史はゴムだけ買うのが恥ずかしかったのでカモフラでお菓子などを大量に購入していた。

『んじゃ、行くか』

高成の暴走…!?

貴史宅に到着。
まず相手をどうするか相談していく。貴史は平等にジャンケンで決めようと提案。ここで智乃がフォローしていく。

『とりま吉野はウチとしよ』

智乃から綺麗なパスを受け取る形になる高成。そして智乃と貴史がおっ始めていく。

二人のやっている姿を見ながら最初は気まずそうになる二人。しかし、意を決して里帆を抱きしめる高成。彼女も顔も赤らめてトロ~ンとした表情。すかさず高成は里帆にキスを求めていく。

二人が開始したのは見て安心する智乃。そんな中、空気を読めない男である貴史が我儘を言い出していく。

『俺、王様やってみたい』

貴史は智乃、里帆の二人にムスコを舐めて欲しかったのだ。貴史の強引さに里帆も従う事へ。そして貴史のムスコは二人の美女から舐められていく事へ。

その様子をただ立って見つめていく高成。

里帆のパンティが見え隠れしていくと彼の下半身も暴発寸前であった。目の前にあったゴムを見て装着。里帆の背後から迫ってパンティをずらしていく。

そのまま高成は里帆へ挿入を試みていく。

『ぃた…いっ…いた…』

里帆はまだ濡れておらず受け止める事ができなかった。すると貴史。里帆を自分の方へ引き寄せていく。

『俺がビチョビチョにしてやっからさ』

貴史と里帆の逆シックスナインを見せつけられていく高成。もう下はギンギンである。そして貴史は愛無のあと高成に伝えていく。

『ほら高成、飯田の○○○、準備オッケー!』

挿入を試みるが上手くいかない高成。里帆が手で誘導していきながら遂に好意を抱く里帆で童貞を卒業する高成。興奮最高潮で激しく腰を振る高成。

『あんたも罪な男だね…』

ヤリまくりの日々へ

女を知る男。男を知る女達。
それからほぼ毎日のように4人は集まって理性をなくして絡み合っていく。

そして夏休みへ突入。
高成は2週間前後、毎日予備校通いがスタートしていく。

予備校で勉強している最中、高成は貴史から写真付きのメッセージを受け取っていく。貴史は一人で智乃、里帆を堪能していたのだ。それを見て唖然としたような表情の高成。

その後も毎日、貴史からはエロ写真が送信されてくる。

ある日、高成は途中で予備校を抜け出して貴史の自宅へ向かう。玄関が開いていたので勝手に入る貴史。女性のヒールが一足だけあった。そして貴史の部屋の扉も少しだけ開いていた。

覗くと貴史と里帆が絡み合っていたのだ。

二人は高成に気づく。

『なんだ来てたのかよ…新山が家族と旅行行っててさ、ここんとこずっと飯田と二人だったんだよ』

見せつけられていく親友のテクニック

貴史は里帆に伝える。
アレを見せてやろーぜと。すると貴史は里帆の恥部を激しく攻めていく。里帆は堪らず潮吹き。

『すげーだろ?潮吹き、開発しちった』

目の前で激しい絡みを見せつけられていく高成。彼は堪らず自分のモノを出して里帆の口元に近づけて舐めさせていく。当たり前のように舐めてくれる里帆。

その後、今まで溜まっていた性欲を爆発させていく高成。里帆と激しく絡み合っていく。

その日、高成は親に予備校をサボった事がバレて受講期間中は予備校以外の外出を禁止されていく。そんな中、貴史は帰ってきた智乃、里帆とハーレム状態でヤリまくっていた。

そして高成の予備校通いも終わる週末。4人で地元の祭りへ行く予定が決定されていく。ここで第2巻前編は終了。

カラミざかり大人版【2巻前編】感想

カラミざかり(2巻前編)

貴史、まったく悪気はないんだが本当に罪な男である(笑)
そして彼は二人とヤリまくって高成を置いていく女性を喜ばすテクニックが急成長。二人が彼を求めるのはキャラクターもあるだろうが、やはりテクニックが凄まじい部分があるのではないだろうか。

そして好きな女子が実は超ビッチで親友ともヤリまくっている状態の高成。

複雑な気持ちになりつつも快楽や性欲には勝てない思春期の性欲が爆発していく。甘酸っぱくも苦い青春が背景に描かれているのがとても良い。まぁ、2巻はとにかく1巻と違ってヤリまくりな内容である(笑)

興味が出た人は是非、チェックして欲しいイチ推しの大人漫画です!


カラミざかり

カラミざかり

原作・著者桂あいり
価格700円~(税別)

ある日の放課後、なんとなく始まってしまったセックスはクラスメイト男女4人の均衡をあっけなく崩した。青い性欲のまま走り出した彼らは、倫理観なんか無くなってしまったかのように──、理性なんか最初から存在しなかったかのように──、それぞれの身体を求め合い、セックスに没頭していく。──そして、あの夏休みが始まる──。

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「カラミざかり」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

\\ NEXT //
カラミざかり大人版【2巻後編ネタバレ】ヤリまくっていた4人が疎遠になっていく!?

\\ ↓↓以下でカラミざかりのネタバレをまとめています↓↓ //
カラミざかり【ネタバレまとめ】最新刊から結末まで公開中!