私の夫は冷凍庫に眠っている【14話ネタバレ】遂に最終回!夏奈は幸せを掴めるのか!?

私の夫は冷凍庫に眠っている

高良百先生、八月美咲先生のコンビで描かれるミステリーサスペンス漫画「私の夫は冷凍庫に眠っている」最終回となる第14話の配信がスタート。内容や見所、感想などをご紹介していきます!

奏だと名乗っている人物の正体がオブラートに包まれながら明かされていきます。

そして意味深な終盤。かなり抽象的な結末を迎えていく作品ですが、ミステリーサスペンスらしさが出ている内容。夏奈は幸せを手にする事が出来るのか!?

この漫画の試し読み
私の夫は冷凍庫に眠っている

この漫画は電子書籍ストア「BookLive」で取り扱い配信中! 全巻試し読み可能!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「私の夫は冷凍庫に眠っている」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

私の夫は冷凍庫に眠っている

私の夫は冷凍庫に眠っている【13話ネタバレ】周囲の人間は双子に気付いていた!?

私の夫は冷凍庫に眠っている【14話】ネタバレ

私の夫は冷凍庫に眠っている

弁護士に奏の戸籍取得について相談する二人。
しかし、奏の状況では戸籍取得はかなり厳しいの現状であった。取得する事は出来ても必要な費用がとても二人で払える金額ではなかった。

相談した弁護士の方は夏奈の妊娠に気づく。そして伝える。

『戸籍がなくても結婚するのはそう難しいことじゃないよ』

姓は彼女のものになるが必要な書類さえ集めれば二人で手続きできる範囲で結婚の受理はされるとアドバイスしていく優しい弁護士。

その後、二人は必要な書類を集めて無事に結婚が受理されていく。

晴れて夫婦になった奏と夏奈。
ようやく幸せを掴んだような嬉しい表情を浮かべる夏奈。

そんな中、奏は伝える。

『オレ、夏奈のウエディングドレス姿…見てみたいし』

夏奈を優しく包み込むような奏の優しさ。少しは男の甲斐性を見せたいと伝える奏。そんな話をしつつ、ひとまず本日のお祝いとしてシュークリームを買って帰るから夏奈は先に帰って欲しいと伝えていく奏であった。

一人で自宅に帰宅する最中、お隣さんの孔雀おあさんと遭遇する夏奈。

人間観察が鋭い彼女はすぐに夏奈が妊娠している事を察する。孔雀も喜んでいく。そして意味深な言葉。さらに二人の事情を知っているような口ぶりを見せていく。

『どうやって二人が別人だって気付いたんですか?』

夏奈は孔雀に尋ねていく。
最初の違和感は話の辻褄が合わないことがあったと明かす孔雀。そして二人が別人だったらといった体で仮説を立てると全ての辻褄があったと語る。

さすが作家で観察眼が鋭いと関心する夏奈。そして今はお腹の子供を産むことだけに集中するように伝えていく。

そんな立ち話をしていると奏が夏奈に追いついてやってくる。孔雀は彼を見て挨拶をする。

『亮くん!おめでとう!聞いたわよ』

意見が食い違う夏奈と孔雀。
彼女は今の彼は亮だと伝えていく。二人に追いついた奏。彼は自分が亮ではなく「奏」だと伝えていく。

『オレも亮も訂正しないですみません…オレは奏ですよ』

自分がボケたのかと困惑する孔雀であった。それ以上は語らない。

その夜、夏奈は悪夢にうなされて起きてしまう。畳の中に埋めた亮が這いずり出て来て手を伸ばしてくると…。気をしっかりと保つように声をかける奏。

彼は伝える。この亮の呪縛がある家から引っ越そうと。夏奈もそう思っていく。しかし、どうしても確かめたいことがあった。

『本当はあなたは誰なの?』

そう伝えると言いかける奏。場面は暗転。畳の部屋で目が覚める夏奈。彼女は既に双子の子供を産んでいた。そして一度は引っ越したが直ぐに今まで住んでいた家に戻ってきていた。

『それにしてもあんたの旦那はいつ帰ってくるの?』

あやふやに答える夏奈。最後の夏奈は畳に手をそっと置く。そして畳の下にいる誰かに伝えるように一言。

『双子は一緒じゃなきゃ…ダメよね…』

ここで第14話は終了。そして「私の夫は冷凍庫に眠っている」は幕を閉じていく。

私の夫は冷凍庫に眠っている【14話】感想

私の夫は冷凍庫に眠っている

最終回を迎えた「私の夫は冷凍庫に眠っている」流れを見るからに生きていたのは奏ではなく亮だったのか。それを知った夏奈は二人目も殺して畳の下に埋めた…こう考えるのが妥当だと思う。

奏や亮の裏事情など大きく明かされないままミステリアスに終わっていく。

戸籍もない二人だから殺されようと誰も探さない。最終的に夏奈の勝利といった具合だろうか。最後の幕は抽象的なので各々が捉え方があるだろうがここに至るまでは過程はミステリーで非常に面白い作品であった。

第14話とテンポもよくダラダラと間延びしない漫画で個人的には面白かったです。最後に何故、亮は改心して夏奈と人生を遂げようと思ったのかは知りたかったですね。

サクサクと読めるミステリーラブサスペンスを求めている人はチェックして損のない作品。是非!


私の夫は冷凍庫に眠っている

私の夫は冷凍庫に眠っている

原作・著者高良百 / 八月美咲
価格1冊110円(税込)

結婚以来、夫からの暴力に耐え続けてきた夏奈。ある夏の日、彼女は夫・亮の殺害を決意し、実行に踏み切る。亮の死体を冷凍庫に隠し、あとは自由な人生が待っているはず…だった。ところが、予想もしなかった事態が夏奈を襲う! 人気小説サイト「エブリスタ」に掲載され話題となった衝撃のラブサスペンス作品、待望のコミカライズ!

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「私の夫は冷凍庫に眠っている」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下で私の夫は冷凍庫に眠っているのネタバレをまとめています↓↓
私の夫は冷凍庫に眠っている【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!