ハーレム×ハーレム【5巻ネタバレ】遂に動画の出演を認める強気に見えて実は超M体質な美女!

ハーレム×ハーレム

Red-A先生、首枕先生のコンビで描かれる漫画「ハーレム×ハーレム」第5巻の見所や感想をお届けしていきます!

今回は愛華と翔一のやり取りメイン。
愛華の性質を上手く利用して彼女を翻弄していく事に成功する翔一。

遂に愛華の口からモモカ=愛華である事を自白させていきます。同時に憧れの女性を目の前にして興奮していく翔一。

愛華が経営するジムの社長室にて遂に二人が交わろうと興奮度を高めていきますよ!

この漫画の試し読み
ハーレム×ハーレム

この漫画は電子書籍ストア「コミックシーモア」で先行配信中の作品です!

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「ハーレム×ハーレム」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

ハーレム×ハーレム

ハーレム×ハーレム【4巻ネタバレ】強引な物言いに感じまくってしまうM体質の金髪美女!?

ハーレム×ハーレム【5巻】ネタバレ

ハーレム×ハーレム

愛華のいる社長室に入ってきたのは翔一であった。
何故、翔一が来たのか考える愛華。彼女が辿り着いた解釈は一つであった。

『まさか私とヤりたくて…?』

そうやって考えると股間が疼き出す愛華。しかし、下手に出たくない愛華。彼の口から私を抱きに来たと言わせたかった。

『何しに来たの?』

『その…よく分かりません』

翔一の返答に困惑する愛華。彼いわく勝手に足が愛華の所へ来たと伝えていく。特に何をするでもなくすぐに部屋から立ち去っていく翔一であった。

『馬鹿みたい…なんで引き止めなかったのよ』

翔一が去った後…愛華は疼いた股間を鎮める為にオ○二ーをしていた。実は翔一ともう一度セ○クスできる事に期待していたのだ。

気持ちを落ち着かせた後、ジムを退勤していく愛華。

エレベーターを待っている最中、会員のエロオヤジと遭遇してしまう。

『この前ウチの放送に出演させる代わりにご飯行く約束をしたじゃないか』

オヤジは愛華の身体にソフトタッチしていく。上手く愛華の性感帯に触れていくオヤジ。先程まで一人エッチしていた愛華。身体が敏感になっており、オヤジの手付きで吐息が漏れてしまうほど感じる事へ。

『ほほぉ…これは手応えアリだな』

抵抗出来ない事を良い事に激しさを増すオヤジ。そんな時に翔一が訪れる。

『今…何…してたんですか?』

愛華をオヤジから守ろうと楯突く翔一。しかし、ずっと引きこもっていた青年である。力負けしてしまう。足で踏み潰されそうになると愛華が助けてくれる事へ。

オヤジの股間を蹴り上げて窮地を脱する二人。同時に愛華は翔一の怪我を見て二人きりに慣れるオフィスへ移動。どうしてエロオヤジに立ち向かってくれたのか尋ねる。

『愛華さんが危ない目にあってると思ったらつい…』

嬉しみが増す愛華。しかし、翔一は勘違いしていく。エロオヤジとそういったプレイをしていたのではないかと。出過ぎた真似をしたと反省する翔一。しかし、それは違うと否定。弱点に触れられて抵抗出来なかったと明かす。

モモカ動画を思い出す翔一。
愛華がモモカならタトゥーの入っている場所が性感帯。翔一はそれを確かめる為、愛華のタトゥーが入っている場所を刺激していく。

恍惚な表情になっていく愛華。

『ココが性感帯なんですね?』

認める愛華。より強く刺激すると喘ぎ声を漏らしていく愛華であった。濡れてしまったと翔一に伝える愛華。自らキスして欲しいと懇願していく。

『キスで満足出来ますか?してあげますよ…セ○クス』

しかし、翔一は一つだけ質問に答えて欲しいと伝えていく。

『あの動画に出てたの…愛華さんですよね?』

動画の件に関してはシラを切る愛華。翔一は性感帯の刺激を強くしていく。そしてスマホを取り出してモモカの動画を愛華へ見せていく。決定的な証拠を見せつけられて気持ちが揺らぐ愛華。

認めた方が楽だが…認めると翔一から汚らわしい女だと思われてしまうと感じる愛華であった。少し冷たく当たる事にする愛華。変な事を言うなら帰って欲しいと告げていく。

本当に帰ろうとする翔一。
しかし、性欲は我慢の限界を超えている愛華。結局、彼を引き止めてしまう。一方、麻奈美。彼は翔一と愛華のいるジムに向かってきていた。

自分がモモカだと認めていく愛華。
意地悪で聞こえないフリをしていく翔一。遂に辛抱できなくなった愛華。自ら翔一の唇を奪っていく。両者ともにスイッチが入っていく。

『私をもっと踏みにじって…』

愛華のM気質が全開になっていく。翔一はソファに愛華を座らせて股を開くように指示。ここで第5巻は終了。

ハーレム×ハーレム【5巻】感想

ハーレム×ハーレム

愛華の性質を上手く転がせるようになってきた翔一。悪い男である(笑)

強気な性格に見える愛華だが実は超M体質と言うのはかなり唆られる内容に仕上がっている。次巻で再び翔一と愛華のロマンスシーンに突入していくのか…。

但し、ジムには麻奈美が向かっている模様。
二人の関係はバレてしまうのか…。それとも昔はもっともビッチだったと明かされている麻奈美も参戦してくるのか…とにかく今後の展開も期待大の漫画ですよ!


ハーレム×ハーレム

ハーレム×ハーレム

原作・著者Red-A / 首枕
価格198円(税込)

「俺は――童貞を卒業する」幼い頃に母を亡くし男手ひとつで育てられた、26歳童貞・翔一。そんなある日、父が自分よりも年上の女性・麻奈美と再婚することに。新しい生活にも慣れてきた頃、麻奈美から美しく魅力的な3人の女友達を紹介される。その姿に欲情した翔一はいつも通りアダルト動画を見ると――そこには麻奈美とその友人達の姿が。画面の向こうで乱れる彼女たちを見て、裏切られた気持ちとは裏腹に高まる欲望は抑えられず…「どうしても彼女たちとヤリたい…!」そこで翔一の考えた作戦は――!?

今すぐ試し読みする


※コミックシーモアで先行配信されています。ストア内の検索窓にて「ハーレム×ハーレム」と入力して検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。