ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【46話ネタバレ】爽を追い込むのは通過点の一つに過ぎなかった!?

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~(46)

丘上あい先生の描く人気漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」最新話となる第46話をご紹介。

今回は睦月の口からある事実が告げられます。
爽を追い込む事は瑠衣の最終目標の通過点に過ぎないと…。

様々な人間模様が描かれる中、瑠衣のある証拠に繋がるUSBメモリを手に入れることになる守屋。自宅へ戻ると行方不明になっていた彼女が姿を現していきます。

この漫画の試し読み
ギルティ

この漫画は電子書籍ストア「まんが王国」のみの独占配信作品! まんが王国内で無料試し読みも可能です。

今すぐ試し読みする

※電子書籍ストア内の検索窓にて「ギルティ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

ギルティ(45)

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【45話ネタバレ】驚愕の事実発覚で新たな局面へ!?

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【46話】ネタバレ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~(46)

一真から爽が行方不明になった事を聞かされる守屋、秋山、若菜の3人。

秋山が自分が瑠衣を追い出したからだと責任を感じていく。しかし、それは違うと否定する守屋。

『それは違うよ…瑠衣が意識不明になったあとにこの家に来たのはそもそも予定外だった』

どうしてわかるのか不思議に思う一真。守屋は伝える。昨日、東睦月に面会してきた事を。そして場面は睦月と面会する守屋へ。

守屋は爽を刺したのが睦月ではなく駿である事に感づいていた。駿を助けたいなら知っている事を全部話した方が良いと睦月に伝えていく守屋。

『一つだけ言えることは瑠衣にとって爽さんは通過点の一つでしかないってこと』

その証拠はあるのか尋ねる守屋。睦月は「ある」と自信を持って答えていく。

再び場面は秋山のレストラン。
当面は爽も帰って来ないかもしれないと結論づけていく守屋。彼は取り敢えず睦月の言っていた証拠探しを始めると伝えていく。

『証拠は手に入れ次第…秋山くんに送るよ』

証拠を見て瑠衣をどうするかは兄である秋山が決めて欲しいと伝えていく守屋であった。守屋は立ち去る際、若菜も一緒に連れていく。秋山と一真と二人だけの空間を作ってやりたかったのだ。

二人きりになる秋山と一真。

『申し訳ありませんでした』

秋山は義妹である瑠衣が荻野夫婦に迷惑をかけていた事を謝罪。頭をあげるように伝える一真。しかし、秋山は瑠衣から目を背けていた全て自分の責任であると伝えていく。

『俺がこんなこと言えた義理じゃないですが…爽さんをすぐに探してあげてください』

何故そう思うのか問う一真。
爽が逃げたのは初めてではないと明かす。さらに何でも正面から受け止める爽が逃げるのは決まって母親が理由の時だけであると伝えていく。

『そこまで爽を知ってるなら…あなたが探した方が…』

秋山は伝える。
瑠衣のことが片付くまで爽に会うつもりはないと。彼の覚悟を汲み取って了承する一真。

守屋と若菜。
若菜は爽が色々と自分に黙っていた事がショックであった。同時に責任を感じる若菜。守屋はそれを若菜のせいではないと伝えていく。同時に一真に少し違和感を感じていた守屋。

『元荻野(一真のこと)は病院で母親からなにか別のことを聞いたのかもしれない…君や秋山くんにすら言いたくない…なにかを』

一方、一真は初めて出会った秋山の事を考えていた。

自分とは真逆で爽に似ていてまっすぐな目、まっすぐな言葉を放つ秋山。自分はずっとあの男と勝負していた事に肩を落としていく。自分が本当にどうしようもないクズである事を思い知らされる一真。

『ハナから同じ土俵にすらいなかったのに…』

秋山は学生時代に爽が家から逃げ出した時の事を思い返していた。当時の様子が描かれる。母親が嫌で自暴自棄になっていた爽。そんな彼女を優しく包み、元気づけていく秋山。当時は心で繋がれていた二人。

『どこ行ったんだよ…バカ…』

場面転換。
守屋は中村結と合流していた。理由は彼女が睦月の言っていた証拠の在り処を知っていたからだ。

彼女に証拠の場所を尋ねる。
すると彼女は手に持っていたUSBメモリを差し出していく。

『君が持ってたのか…』

結は自分が証拠を持っている理由を明かしていく。探す手間も省けて助かった守屋。最後に反省している結に対して言葉をかけていく。謝るなら爽に謝れと…。

そしてUSBメモリを手にした守屋。
取り敢えず自宅へ。この証拠を先に見せてたいのは爽だが行方知れず。秋山へ先に渡すか考えていく。そして自宅の玄関へ到着。

『冗談だろ…おい…』

『泊めて』

守屋の自宅の玄関先には爽が座っていた。ここで第46話は終了。

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【46話】感想

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~(46)

謎は深まっていくばかり。
瑠衣の最終的な目標はやはり生きている母親への復讐でしょうかね。

一方、爽の母親と瑠衣の関係性は如何に…。

睦月が握っていた証拠には何が入っているのか…。本当にドロドロ過ぎるラブサスペンスで飽きない漫画。最終的に爽は誰と幸せになるのかも先行き不明。

まだまだ注目の漫画。気になった人は是非、チェックしてみて欲しいイチオシのラブサスペンス漫画です!


ギルティ

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜

原作・著者丘上あい
価格110円(税込)

35歳の爽(さやか)は、夫とふたり暮らし。結婚して10年経つが子作りをしない夫に、爽は「子供が欲しい」という本心を打ち明けられずにいた。そんな爽の気持ちを晴らしてくれるのは、年下の友人・瑠衣(るい)と行きつけのバーで語りながら飲む時間。瑠衣の勧めで、夫に本音を打ち明けた爽は…。1話目から、衝撃の展開が待ち受ける――!! 全員裏切り者の、ジェットコースター・ラブサスペンス。

今すぐ試し読みする


※電子書籍ストア内の検索窓にて「ギルティ」と入力すれば素早く絞り込んで作品を表示してくれます。

↓↓以下でギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~のネタバレをまとめています↓↓
ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!