あさこ【10話ネタバレ】大人の女性の意外な一面に動揺!?

あさこ

よしだもろへ先生が描くノスタルジックは年の差恋物語な漫画「あさこ第10話をご紹介。

今回はミキに翻弄される事になるあさこ。彼女とのやり取りで意外な一面を見せる事になるあさこ。そして彼女の闇な部分が少し明かされていく事へ。

また大人になった将司と優花子。
あさこの履歴書を埋める為、大人になった将司が動き出そうといった場面も描かれていきます。今までにない表情などを見せていくあさこが描かれる注目の内容です!

この漫画の試し読み
あさこ

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&先行配信中!小学生と美女お姉さんのラブスト!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「あさこ よしだもろへ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

あさこ

あさこ【9話ネタバレ】キミは悪いオトナに騙されないでね!?

あさこ【10話ネタバレ】

地元の丘で大人になった将司と優花子は一服しながら近況を語り合っていく。

将司は東京で新聞社に勤務。優花子は沖縄に在住しており、作家業をしていた。昔話に花を咲かせる中で優花子は小学生の頃から将司の事が好きだった事を伝えていく。

『でも将司君はいっつもあさこさんに夢中でさ…』

場面は小学生時代の将司達へ。

公園で将司とあさこは優花子を待ち合わせ。しかし、時間を過ぎても優花子が現れなかったので彼女の自宅へ迎えに行く事へ。

優花子の家では外まで母娘の喧嘩が聞こえてきていた。きまずい空気の中、墓地でミキ達と合流。この日はこれから肝試しが行われる予定であった。

将司達が遅かったので肝試しペアを勝手に考えておいたとミキ。優花子と将司をペアにしてミキはあさこと一緒のペアへ。

あさこへマウントを取ろうとするミキ。
とにかくミキは自分は大人で大人の男にしか興味もないと語っていく。

そして始まる肝試し。
まずは将司と優花子ペアから開始であった。墓地を一周するだけの簡単な肝試し。将司は優花子など眼中になく、脳内ではあさことの肝試しを思い浮かべていた。

取り敢えず適当な話で将司と会話を繋いでく優花子。

二人で墓地を歩く中で優花子は突然泣き出して将司に謝罪をしていく。

『ごめんね青島くん、万引きした漫画…いつか私がちゃっと本屋さんに返しに行くから…青島くん…私のこと嫌わないで…』

泣く優花子を慰めながら、さりげなく彼女の手を握ってあげる将司。そのまま二人は墓地の中を歩いていく。

一方、入り口のミキ達。
ようやくスタート開始。ミキの連れで男子達に何やら悪巧みなサインを送るミキ。

墓地を歩く最中もミキはあさこからマウントを取ろうと必死に会話していく。そして、周りの大人は皆がミキを好きになってくれると意地でもマウントが取りたいミキ。するとあさこが語りかけていく。

『周りの大人をアクセサリーにするのも一人が寂しいなんて感じるのもアンタが子供だからじゃないの』

あさこの言葉が気に食わなかったミキ…『泣かせてやる』と呟いてライトの電源を落としていきます。辺りは真っ暗。同時にライトを消した事が合図になっており、墓地に隠れていた男子達があさこに水をかけ、さらに蝶を周りに飛ばす嫌がらせ。

『あははははっ…なんかおもらしみたーい!』

その場に膝をつくあさこをあざ笑うミキ。
悲鳴に似た声を聞き取った将司はライトを優花子に渡して来た道を一人で戻る事へ。

一方、あさこは立ち上がって『これで終わり?ならもう帰っていいよね』とミキに問いかけていく。あさこからの煽りを受けて逆上していくミキ。一緒に来ていた男子もドン引きする程、あさこに対して怒りを露わにしていくミキ。

『いきなり出てきてしゃしゃってんなよ!やっとミキが気持ち良くなれる場所を作ったのに!』

ミキが大人に対する考えを吐露していくと涙をこぼすあさこの姿。

あさこを泣かせる事が最終ミッションであったミキ達。男子がすぐにあさこの泣き顔をインスタントカメラで撮影。そのまま立ち去っていくミキ達。

一方の将司はあさこの泣き顔を初めてみて動揺していた。

場面は回想から現実へ。
当時の将司はあさこの事が好きすぎて自分では敵わないと思っていた事を吐露する優花子。そして優花子もまたあさこには救われた事を明かしていく。

『もう縁を切って血でしか繋がっていない親なんかより今でもずっと尊敬してる立派な大人』

あさこの事をそう語る優花子。
同時に大人になった将司は当時、何故、自分はあさこに酷く失望したのだろうかと考えていく。優花子と自分の中にいるあさこには大きな食い違いがあると感じていく将司。

そんな中、何かを思いついた将司。優花子に1日付き合って欲しいと伝えていく。理由を明かしていく将司。彼はあさこに対する記憶の擦り合せをしたいと語っていく。

『あさこの履歴書を今から埋めてみようと思う』

場面は再び小学生時代へ。
あさこの股から大量の出血がある事に気がつく将司。子供の将司はそれが生理である事は知らない。そしてあさこが泣いた理由はどこか怪我して痛くて泣いていたんだと思う将司。

帰り道を二人で歩く将司とあさこ。
心配する将司を優しいと褒めてくれるあさこ。そして将司はあさこの手を握って伝えていく。

『あさねえは僕が守るからね!』

『何から守るの?キミは何が出来るの?子供のクセに…』

あさこから放たれる意外な言葉…しかし、それらは夏の虫と波風の音が煩くて聞こえなかった事が明かされていく。ここで第10話は終了。

あさこ【10話の感想】

あさこ

最後にあさこの闇となる部分が出てきた第10話。
一体、彼女は何を抱えているのでしょうかね。そして将司があさこに失望していく理由も気になります。

そして小学生時代とは別で紡がれる大人になった将司のストーリー。優花子と記憶の擦り合せであさこの履歴書を埋める事は出来るのか…。ここから未だベールに包まれているあさこといった女性のミステリアスな部分が解明されていくのか…。

ノスタルジックな雰囲気を漂わせながらもミステリーが混在する作品。

本当に面白い漫画なので興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡


あさこ

あさこ

原作・著者よしだもろへ
価格150円(税別)

『いなり、こんこん、恋いろは』よしだもろへ最新作!! 1996年、夏、海沿いの田舎で暮らす11才の少年・青島将司。そんな彼の前に素性不明、謎の美女・あさこが現れる。彼女に翻弄されていく中で、将司の心はざわめきだっていきーー!? 謎の美女×11歳少年、ノスタルジック年の差恋物語。

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「あさこ よしだもろへ」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

あさこ【11話ネタバレ】履歴書を埋める第一歩がスタート!?

↓↓以下であさこのネタバレをまとめています↓↓
>>あさこ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで公開中!