足掻く【5巻ネタバレ】謎に包まれていた少年二人の正体が判明!

足掻く(5巻)

菊池直恵先生が描く新作ヒューマンドラマ漫画「足掻く」最新刊とある第5巻。今回は以前に山中ミワを助けようとした二人組の男性にスポットが当たっていきます。

帽子を被っている男と幼い容姿の男。

彼らの正体、そして幼い容姿の男の予知能力的なものが今巻で判明していきます。何やら意味深過ぎる二人の男性。またまたグッと作品に引き込まれる内容に仕上がっています。

早速、第5巻の内容を見ていきましょう!

この漫画の試し読み
足掻く

この漫画は電子書籍ストア「BookLive!」で取扱い&試し読み可能!菊池直恵先生の衝撃最新作!

今すぐ試し読みする

※ストア内の検索窓に漫画タイトル「足掻く」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。

足掻く(3話~4話)

足掻く【3巻~4巻ネタバレ】女子苦学生に訪れる最悪の結末へ…!?

2020年6月27日

足掻く【5巻ネタバレ】

冒頭、とある中学校の屋上で飛び降りた男が一人。飛び降りた先には中学校の生徒が一人。先生達は慌てて救急車を呼んでいく。

場面転換。
パチンコ店から真っ青な顔で出てくる男が一人。

『おかしい…こんなはずじゃなかった…』

このギャンブル男…。
どこからいくら借りたのか…返済はいつなのか…全て忘れていた。そして内心では自身が追い込まれている事を感じてパチンコで早く取り返さなきゃといった気持ちが強くなっていく。

所謂パチンカスである。

部屋に戻れば1000円が落ちているかもしれない。その千円で人生がやり直せると思っているギャンブル男。部屋に戻るが借金取りらしき人間が家の前を張っていた。

それを見て、身体が震えだして人生終了を自分に課していく男。今までの人生を振り返っていく途中で中学校が目に入る。

『…そうだ…中学校だ…』

ギャンブル男は自分の人生が歪んだのは中学校のせいであると結論づけていく。苛められて不登校になって勉強しなくて学歴ないから良い仕事にもつけない…。

全ての責任を中学校へ押し付けていくギャンブル男。学校に侵入して屋上から飛び降りて人生を終わりにする決意を固めていく。

そんな彼に背後から近付く人物が一人。
帽子を被った男である。ギャンブル男に近づいて『これ、落としましたよ』と差し出すのはロト7の抽選券であった。

ギャンブル男はロト7のチケットを自分が落とした物だと偽って帽子男から奪い取っていく。そのまま屋上で飛び降りる事よりもチケットの当たり外れが気になった男は立ち去っていく。

一呼吸置いて校舎の方を見遣る帽子男。

そこにはミワを救ったもう一人の少年が帽子男とアイコンタクトしていた。学校が終わって自宅に帰る少年。その部屋には既に帽子男がソファに座っていた。

『さっきはありがとう』

部屋の中にいるのに帽子を取らない帽子男。彼も授業をサボって少年の学校に駆け付けた事を明かしていく。そして何故、ギャンブル男を助けたのか説明を求めていく。

ここで少年には予知能力がある事が明かされていく。

5巻冒頭の描写は予知能力少年が見たギャンブル男の末路だったのだ。しかし、飛び降りても彼が死ぬことはなかった。犠牲になるのは下敷きとなった学校の生徒になるのだ。

そうなると屋上への出入りが出来なくなる。
予知能力少年がギャンブル男を助けた理由の一つであった。そしてもう一つの理由を明かす少年。」

『俺もあの人に死なれたら困るからね』

理由を理解した帽子男。
少年の家から立ち去っていく。その際に日曜日の万馬券を買っておいて欲しいとお願いされていく。

帰り際、他人に興味を持たない少年が意図的に誰かを助けた…そして「あの人」といった言い方をした。それを聞いて帽子男は…。

『そいつがキーパーソンなのか?』

彼もまた意味深な言葉を呟いていく。一方、部屋で一人になった予知能力少年。『いつになったら俺の前で取るのかな…帽子』と彼も意味深発言…。

ここで5巻は終了である。

足掻く【5巻の感想】

足掻く(5巻)

今回でわかった事は帽子男は競馬の券を買えるので二十歳以上の大学生なのかな。そして予知能力少年は幼い見た目通り、本当に中学生であった。

そして彼は身の回りが騒がしくなること、そして「あの人」なる人物の死を阻止しようとしている?そんな雰囲気を漂わせていく。

菊池直恵先生が描く前作「堕ちる」とはまたベクトルの違った形になっている。

足掻くはこの二人の少年達から見た人間模様が描かれ、貧困や苦学生などをテーマに扱う作品。同時に少年の真の目的も気になるヒューマンドラマ漫画です。

重たい内容ですが人間の胸の内を抉ってくる内容が魅力の作品です。是非、興味が出たらチェックしてみてください☆彡


足掻く

足掻く

原作・著者菊池直恵
価格120円(税別)

見えない貧困。見たくない心の中。前作『堕ちる』でエリート家族の奥深い暗闇に踏みいって大反響を巻き起こした菊地直恵氏の最新衝撃作!今回は、今まさにはびこりつつある見えない隠れ貧困。一見貧困とは思えない外見なのに実情は火の車。そんな若者の奥底でどんなどす黒い心が動いているのか…家計が危機に瀕した家庭からけなげにバイトで学費を捻出して夢を目指す女子学生。その生活はまもなく破綻しようとしていた。目の前に現れた同じ境遇の苦学生と恋仲になるが…その先に待っていたものは?

今すぐ試し読みする


※ストア内の検索窓に漫画タイトル「足掻く」と入力して検索すれば素早く作品を表示してくれます。