ソウナンですか?【6巻ネタバレ感想】一致団結!4人で脱出を目指す女子高生軍団!

ソウナンですか?(6巻)

ソウナンですか?6巻である。

どうでもいいが、表紙の印象からなんとなく最終巻かと思ったが別に全然そんなことはなかった。

ソウナンですか?【6巻あらすじ】

ただ、最終巻ではないが、物語の終わりは近いのかもしれない。少なくとも終わりに向かい始めたという感はある。

なんとなれば、5巻で「単身でイカダで脱出する」と決意したほまれだがこの計画は速攻で仲間三人にバレてしまい、結局なんやかんやの末、冬が来る前に四人乗りが可能な船を作って脱出する、と決めることになったからである。

今巻のめぼしい話は、あとはエイを銛で獲る話くらい。

ソウナンですか?(5巻)

漫画「ソウナンですか?」5巻ネタバレ感想!台風到来で窮地へ!?

ソウナンですか?【6巻ネタバレ】

ソウナンですか?(6巻)

前巻の終わりで書いた通り、ほまれは一人でこっそりイカダを作り始める。しかし、クルミ拾いに出かけた睦と明日香が、偶然にそれを発見してしまう。まあ、当たり前だけどな。逆にどうして隠しおおせると思ったんだよ。

ちなみに、「漂着した他人のイカダ」である可能性も少しは考えたが、ロープの結び方などがほまれのやり方であるということに睦が気づいた。

で、気づかれたということに気づいたほまれは、「一人で島を出て救助を呼んでくる」計画を練っていることを三人に打ち明ける。

そして猛反対される。というか泣かれる。だが、人並みに落ち込んだほまれが海岸で黄昏ていると、紫音がやってきて、三人で話し合って出した結論を語った。島を脱出するのはよいが、ほまれ一人ではなく4人同時に脱出しよう、というのである。

となると問題は舟である。簡素なイカダで、4人乗りで長距離は無理だ。だから、「冬が来る前に」というタイムリミットで、無人島脱出に使うための「船」を作ろうとほまれも決意する。

といっても一朝一夕にどうにかなる作業ではない。

まず、引っ越しから始めなければならない。資材となる竹林が近くにある、島の北側の海岸に拠点を移すのだ。なお、イカダならいざ知らず、かなり本格的な船を作ることになるので、建造そのものも海上で行う。陸地の上で作ってしまうと、文明世界の話ならいざ知らず無人島の4人組では出航させるのが不可能になるからである。

さて、拠点を移したので食糧事情がちょっと悪くなる。そこで海に潜ってみたら、大きなエイがいた。エイは食べられるし、アンモニアを豊富に含むので(臭いけど)保存性も高い優れたサバイバル食である。そこで漁をしようということになる。カエシのついた銛を作って、苦労の末にエイを仕留める。んで、たまたま日付が重なったのだが、御馳走でもって紫音の誕生日パーティーをする。

そこで紫音は今後というか、「帰還後」の抱負を語る。サバイバル少女ほまれに、普通の女子高生らしいことをさせてやりたい、というのだ。タピオカミルクティー飲んできゃぴきゃぴ(死語)したりとか、そんな感じの。というわけで、6巻はここまでである。

ソウナンですか?【6巻の感想】

ソウナンですか?(6巻)

前からその傾向はあったが、ほまれの変化が面白い。
この作品は当初、超人サバイバル女と足手まとい三人組のサバイバルを描くものだった(それが面白くなかったというわけではないが)。

しかし、四人で艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越えるにしたがって、ほまれの能力や人間性の限界も見えてきたし、ほか三人の活躍の場面も増えた。ほまれにも「普通の少女」としての自分を持ってほしい、とほかの三人が考える場面も増えた。ほまれは良くも悪くもフツウではないからである。

たぶんシャバでは社会不適応すら起こすであろう。

しかしそこまではたぶんあまり描かないと思うが、脱出に成功して救助されれば四人にはふつうの日本での文明生活が待っているはずである。その日を夢見て、脱出計画の成功を祈りたいところだ。


ソウナンですか?(1)

ソウナンですか?

原作・著者岡本健太郎 / さがら梨々
価格600円(税別)

飛行機事故のせいで…。今日から青春、無人島っ……!! なんにもないからーー、なんでも作る!! なんでも食べる!!!!(泣) 知恵と勇気の無人島JKサバイバル。あたしたち、けっこう元気です! 【1巻収録内容】セミの食べ方、罠の作り方、簡易アレルギーテスト、ヤドカリの食べ方など…。

今すぐ試し読みする


漫画「ソウナンですか?」ネタバレ関連記事