漫画「ゾンビバット」ネタバレ!女子高生がバットでゾンビを叩き潰す終末サバイバル!

ゾンビバット

漫画「ゾンビバット」は松林頂先生の作品。セーラー服を着た女子高生、ヒミコがとにかく金属バット片手にゾンビをなぎ倒していきます(笑)

ゾンビを倒すことが彼女の生きがいのようになっており殴打…殴打…殴打の連続。

仕舞いに邪魔者になりそうな生存者まで叩き潰していくことに。なんだか謎めいた作品でどこへ向かっていくのか気になる漫画。ゾンビ×女子高生×終末サバイバルアクションかつ不思議なストーリーを持った漫画。

気になった方は是非、チェックしてみてください。それでは1巻の内容を簡単にご紹介していきます。

この漫画の試し読み
ゾンビバット

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!独特な世界観を持った終末ゾンビサバイバル漫画の登場です!

今すぐ試し読みする

漫画「ゾンビバット」ネタバレ

舞台はゾンビパンデミックが発生して4ヶ月後から物語はスタート。

荒れ果てた住宅街にはゾンビ化した人間が蔓延っており、女子高生ヒロイン、ヒミコは金属バット1本でゾンビ退治をしています。

またヒミコと関わる生存者はガスマスクを着用して完全防備した格好の隊長とオギくんの二人。

荒れ果てた街で出会う一人の少女…

ヒミコがゾンビ退治をしていると一人の少女がゾンビに狙われていました。やはり金属バットでゾンビを殴打して少女を助けるヒミコ。

しかし、少女はお礼も言わずにそそくさと自宅へ戻っていきます。

不思議に感じたヒミコは少女を追いかけて勝手に自宅に侵入。拠点で行って一緒に暮らさないか?…と少女に提案をしますが、拒否されることに。ちなみにここで少女の名前が判明。少女は立島ワンコと名乗ります。

提案を断られたヒミコは何も言わずワンコの自宅を後に…。しかし、ワンコの家のなんとも言えない匂いに違和感を感じます。

ゾンビを匿っていた少女の運命は…!?

ワンコ宅に違和感を感じたヒミコはガソリンを撒き放火。

慌てて火の始末をするワンコ…実はゾンビ化した自分の母親を自宅に匿っていたのです。とにかくゾンビは皆殺しにしたいヒミコ。金属バットでワンコを殴打してゾンビ退治をしようとします。

場面は代わり再びワンコ宅に訪れていたヒミコ。

どうやらゾンビ退治はせずワンコを鎖で繋ぎゾンビと同じ部屋で過ごさせていました。

ゾンビに対する価値観の違いを議論する二人。ワンコはゾンビお母さんは自分を襲ってこないから大丈夫と言いますが、ヒミコはゾンビを見逃せない。

そしてヒミコの取った行動はゾンビお母さんを繋いでいた紐を切り、ワンコの側で放し飼いしてみることに。ちなみにゾンビは腹が減っていると人を襲うらしい。そしてワンコは鎖で繋がれた状態…。

また様子を見に来ると行ってワンコ宅を後にするヒミコ。

ゾンビの母親に感情はあるのか…!?

その後、ヒミコは大暴れ。
隊長とオギ君が必死で築いてきたセーフゾーンのバリケードも突破されて街に大量にゾンビが流れ込んできます。とんでもない数ですがヒミコは金属バット1本、一人でゾンビを壊滅させていきます。

さらに希望の言葉を吐くオギ君を金属バットで殴打して気絶させ、ワンコの様子を見に行くことに…。

正直、ヒロインであるヒミコといった女子高生はかなり壊れています。

ワンコ宅に行くとゾンビ化した母親を抱きしめているワンコ。

さらにワンコ宅には隊長とオギ君も合流してゾンビお母さんを射撃。ちなみにワンコがいても関係なく乱射します。銃を撃ち終わると何かに覆いかぶさるようにしているゾンビ母さん。

実はワンコを銃弾から守っていたのです。そんなゾンビ母さんに近寄るヒミコ。手を差し出そうとする右手の人差し指をゾンビ母さんに食いちぎられてしまいます。

漫画「ゾンビバット」感想

ゾンビバット

なんだろう…かなり謎に満ちた物語。
1巻を読んでわかったのはヒミコとワンコはゾンビ化した母親に対して対照的な考えを持っていること。

実はヒミコの母親もゾンビ化しており、ヒミコは自分の手でゾンビ化した母親を殺していました。それとは対照的にゾンビ化した母親には感情があるとして一緒に生きる道を選ぶワンコ。

さらにこの二人は神様に対して思う考えもまったく違います。

ヒミコ「見つけ出して殺してやる」

ワンコ「私は救いを待っています」

巻末の次巻予告では物語はワンコへ受け継がれていく…なんてメッセージが記されていました。もしかしてヒロインがワンコになるのかな!?

かなり独特な世界観で『???』になってしまう部分もありますが、ゾンビパンデミックの起こった世界で二人の少女がどうのように交わっていくのか気になってしまいます。

今までのゾンビサバイバル漫画とは一味違った世界観を持つ作品「ゾンビバット」…試し読みも可能なので気になった人はチェックしてみてください☆彡


ゾンビバット

ゾンビバット

原作・著者松林頂
価格570円(税別)

「ゾンビパンデミックから4カ月、私はひたすら――ゾンビを殴っている」。セーラー服を着て、バットでゾンビをなぎ倒す女子高生・ヒミコ。ガスマスク装備の仲間と共に、セーフゾーンを確保しようとしているとき、彼女はゾンビになってしまった母親を匿う、ひとりの少女に遭遇する。壊れた世界で生きるための、正しい選択とは――? 歪で鮮やかな、世界の終わりにある青春。女子高生×ゾンビ 終末サバイバルアクション!!

今すぐ試し読みする