漫画「青春のアフターIF」ネタバレ感想!まさかの同人誌版が電子書籍で発売!

青春のアフターIF

青春のアフターIF』である。4巻でこれについて触れたとき「同人誌なので電子書籍版はありません」と書いたわけだが、まさかのまさかで、出た。出るとは思わなかったが、出たのである。というわけで、ご紹介する。

濃厚な最終巻…そして完結「青春のアフター」漫画4巻の結末やネタバレ感想

2017.09.13

漫画「青春のアフターIF」あらすじ

タイトルの通り、「IF」は『青春のアフター』のifストーリーを描いたものだ。テーマは、「どうすれば、さくらとまことが結ばれる結末は存在し得たか」である。

最初の方では、さくらとまことと倉橋、3人の青春時代が、倉橋の視点から描かれる。そして、倉橋というのはどういう人物だったのか、が掘り下げられる。

本編から「ifルート」への分岐は、本編でいえば本当に最初の方だ。倉橋がさくらをからかった時、本編ではまことはそれを見ているだけだったが、ifでは、割って入って倉橋を止めようとする。そこから、物語は分岐を始めるのである。

青春マインドを抉られる漫画「青春のアフター」1巻の内容やネタバレ感想

2017.07.19

漫画「青春のアフターIF」ネタバレ

青春のアフターIF

ifルートでは、さくらが倉橋に告白するよりも前の段階で、倉橋とまことが仲良くなる。そして、まことが何の気なしに「お前、いい奴だったんだな」みたいなことを言うのだが、それを聞いた倉橋は赤面している。

これは本編においても実はそうであったらしいのだが。

倉橋は、バイセクシャルなのである。そして、まことに恋愛感情を持っていたのだ。

だから、さくらに執着するまことをずっと見てきた後で、さくらが時を越えて現れたのを受け、さくらとまことが結ばれるようにと、異様なまでの執心をしていたのだという。

さて、ifルートの話をしよう。ifはそんなに長い話ではない。話数で言えば3話と、おまけページが少々あるだけだ。

1話目の終わりは、倉橋にけしかけられたまことがさくらに告白し、さくらから「倉橋くんが好き」という話を聞かされたまことが血を吐いて倒れ、そしてさくらに告白された倉橋が面食らうところで終わる。

2話。倉橋は、「このまま3人でつるみ続けるのはどうだろうか」という提案をする。三角関係を、あえてそのまま維持しようというのだ。さくらは、「私は好きにする まことも好きにすればいい」といって、それを受け入れる。で、3人は本当に、奇妙な「3人での交際」を始める。3人でつるんで遊びに行ったりするのである。一応、デートなのであろう。

なお、倉橋はカミングアウトはしていないので、まこともさくらも、彼がバイだという事実を知っているわけではない。

2話の終わりで、3人は部屋を借りて一緒に暮らし始める。なお、このような関係を、専門用語では「ポリアモリー」という。浮気や不倫ではない、複数同士での恋愛関係、ということだ。

3話では共同生活が描かれる。暮らし自体は普通だ。なお、性生活は無い。倉橋はあっけらかんと「3Pすればよくね?」と言い出すが、まことが一番それに抵抗感を感じている。さくらはといえば、「2人とも私の好きな人で、2人とも私の彼氏」という認識に落ち着きつつある。

で、最終的な話し合いの末「このまま3人で、一緒に……」ということになったところで。

「if」は、夢オチで終わる。本編のまことが、「もしも自分とさくらが一緒になる道があるとしたらそれはどんなものだったか、夢を見た」という話をするのだ。それで、この同人誌版『青春のアフター』は一応、終わりである。

漫画「青春のアフターIF」感想

青春のアフターIF

一応、とあえて書いたのは、さらにもう数ページ、「付録」があるからである。この付録は、同人誌として刊行された際には、「袋とじ」になっていた。というか、「袋とじというギミックを使いたいから同人誌にした」ということらしい。電子書籍版では、普通に収録されているが……あえてその意を汲み、この部分だけはネタバレをするまいと思う。

ifはハッピーエンドの物語である。だが、ここにifとしてハッピーエンドを置いたからこそ、本編における「岸田梅子」という存在の悲しさはさらに際立つような気がする。そういうあたりの心を抉るメスの鋭さが、まさにこの作者の作風という感じだ。

さて。これで、今度こそ『青春のアフター』の紹介は終わりである。いずれまた別の形で、緑のルーペ氏の作品を紹介できる機会があればと思う。

青春のアフターIFが試し読みできる電子書籍ストア

青春のアフターIF
BookLive!のボタン
Renta!のボタン
ハンディコミックのボタン
コミックシーモアのボタン
eBookJapanのボタン
まんが王国のボタン

※各電子書籍ストアにて試し読み可能。電子書籍ストア内にて「青春のアフターIF」で検索すると素早く絞り込みできます。