漫画「不幸を呼んだ3億円宝くじ~残酷な主婦友物語~」ネタバレ感想!

不幸を呼んだ3億円宝くじ~残酷な主婦友物語~

この漫画は面白かった!
3億円当たったとデマが流れる1人の主婦の壮絶な出来事が描かれている。著者は成人向け漫画を手掛ける「いちこ」先生。掲載誌・レーベルは女たちのリアルになっている。この漫画は成人向けではないのでご安心を。

漫画ジャンルで言うと「ヒューマンドラマ」「ミステリー」「サスペンス」と言ったワードがしっくりときます。

主人公は坂本春乃といった平凡な主婦。嫌々ながらママ友グループに属している。そして何故か3億円が当たったと言うデマが春乃の住む街に広がってしまい、不憫な出来事に見舞われることになってくるのだ。

分冊タイプの漫画で1冊216円。セール時なら30%〜50%割引などされるので手軽にサクッと読める漫画。サスペンス色の強いヒューマンドラマが好きで、ママ友カーストと言葉にピンときたら絶対に楽しめる漫画。

ではでは、ポイントを掻い摘んで紹介していきます☆彡


以下よりネタバレを含みます。先に読みたい方は以下で試し読み可能!
▼▼▼▼

不幸を呼んだ3億円宝くじ
今すぐ試し読みする

漫画「不幸を呼んだ3億円宝くじ~残酷な主婦友物語~」登場人物

坂本春乃(さかもとはるの)

この漫画の主人公。北村がトップに君臨するママ友グループに属している。何故か街中に宝くじで3億円当たったと言ったデマが流されて強欲なママ友達に翻弄される女性。

ちなみに娘もいるが自分に似つかない不細工顔なので、あまり愛情がないようだ。

北村真美(きたむらまみ)

春乃が属するママ友カーストのボス。元モデルで容姿端麗。ママ友会を開く時は何故かメンバーにファッションを揃える指示を出す強欲女。裏の顔はゲスく、第1話で自滅する実はモブキャラ(笑)

その他

まだ物語の中心には入ってこないが複数人のママ友が登場。とにかく皆ゲスい。3億円当たったと知った春乃に言葉のタコ殴りをする連中だ。

漫画「不幸を呼んだ3億円宝くじ~残酷な主婦友物語~」ネタバレ

ボスママのゲスの顔

第1巻には第1話となる「ボスママのゲスの顔」が収録。
物語のスタートは春乃と娘が窮地に立たされているところからスタート。そして何故このような事態になったの話は3ヶ月前に遡り過程が描かれていく。

北村率いるママ友グループに属する春乃は見栄を張ったグループにいるのが正直しんどいと感じている。しかし、旦那の帰りは遅い…鈍くさくてブスで残念な自分の娘には愛情が湧かない…そんな思いから何かに属していないと不安なため、しょうがなくママ友グループに属しているのだ。

それから、ある日、出会う人皆に祝福の声をかけたられたり、嫌味を言われ始める。

理由は街中に春乃が宝くじで3億円が当たったと言うデマが流れているからだ。周りの反応が変わったことに嫌な予感を感じる春乃。

そして、遂にママ友グループのボスであった北村が春乃に強欲剥き出しな接触をしてくる。

春乃は何故、3億円当たったと勘違いされているのか?

春乃が3億円当たったと勘違いされている節はこう描かれている。

ローンの借り換え時に銀行に行った時、銀行の支店長が舅の古い友人といったことで応接間に通された。また何となく買ったミニくじで100円当たったことを誰かに喋ったかもしれない。

そんな些細な出来事から伝言ゲームのように話が膨らみ、やがて春乃は宝くじで3億円が当たった…といったデマになっていたのだ。

この辺はかなり強引な設定だが3億円当たったと勘違いされた春乃の前には寄付を懇願する者。羨ましくて嫌味を言うママ友まで出てくる。

ただ当の本人は心の中で「何言ってんだ、こいつ」的な心情なので周りと気持ちのギャップが違いすぎてクスっとしてしまう場面も多い。

超ゲスい!ママ友ボスの裏の顔

1話のクライマックスはママ友ボスである北村とのやり取りだ。

北村はママ友が自分を持ち上げるため、いつでも良いブランド品、身なりをしなくてはいけない…といった気持ちに駆り立てられ、金銭欲しさに援交をしていた。しかし、返済が間に合わなくなり、3億円当たったと思っている春乃にお金を貸して欲しいと願いでる。

正直、3億なんか当たっていないと答えるが信用してもらえない春乃。

春乃はママ友グループから追い出されてネット上に個人情報まで流失する始末。やがて北村の悪い噂もママ友内で広がりを見せて、素性が明かされることに。

北村が援交やAV出演をしていることをママ友に教えたのは春乃だと勘違いした北村は凶器片手に春乃を襲う。

結局、北村は取り押さえられて警察に逮捕される運命に。そして今まで虚勢を張っていことがわかり、全て口から出まかせであったこともバレてしまう。

ママ友グループのボスが抜けたことで再び春乃はグループに迎え入れられて第1話は終了。ただ、この後、さらなる災難が春乃に降りかかるようだがそれは次巻のお楽しみとなっている。

漫画「不幸を呼んだ3億円宝くじ~残酷な主婦友物語~」感想

不幸を呼んだ3億円宝くじ~残酷な主婦友物語~

絵も綺麗で読みやすく、ママ友達のゲスさは一級品(笑)
そして、主人公である春乃は意外とメンタルが強いので爽快感がある。ここからどのように最初のシーンまで落ちていくのか見所。北村以上の下衆キャラが今後出てくるのかと思うと次巻が楽しみでしょうがないのだ。

勘違いから始まる1人の主婦の地獄のストーリーを描く漫画「不幸を呼んだ3億円宝くじ」。妬み、憎悪、陰湿といった言葉がよく似合うキャラクターが複数登場してハラハラ・ドキドキのサスペンス色の強いヒューマンドラマに仕上がっています。

電子書籍限定の尖った漫画なので興味が出た方は取扱のある電子書籍ストアで是非、読んでみて下さい☆彡

不幸を呼んだ3億円宝くじ
今すぐ試し読みする