サバイバル×ミステリー!菅原敬太の漫画「隣町のカタストロフ」あらすじ・ネタバレ感想

隣町のカタストロフ

隣町のカタストロフ走馬灯株式会社、鉄民、マーダーインカーネイションなどで知られる菅原敬太先生の新作漫画。この漫画は設定がすごい。大地と空が逆転した状況で生きるためにサバイブしていくのだ。

ちなみにまだ1巻しか発売されていないが謎が多くこれからの展開に期待できる注目作品だ。


電子書籍版「隣町のカタストロフ」はBookLive!にて取り扱いがあります。初めて利用する方なら初回50%OFFクーポンが付与されてお得に隣町のカタストロフを読むことが可能。


漫画「隣町のカタストロフ」あらすじ

5月28日午前10時12日なると地変天異が起こる。地変天異とは大地と空が逆転現象を起こすこと。これにより空が地上へ、地上が空へといった摩訶不思議な世界へ。真っ逆さまになり空へ飲み込まれていくもの。必死で何かにしがみつき、生き抜こうとする者。

逆転現象が起きた町で生き残り、謎を追う物語が展開されていく。

各人物のヒューマンドラマも描かれており、謎が謎を呼ぶ展開。今までになかったサバイバルミステリー漫画になりそうな予感がヒシヒシと感じることができるはずだ。

漫画「隣町のカタストロフ」ネタバレ

1巻では寺島史弥、なるみ、柚月、涼晴といった人物達の午前10時12分前後の人間ドラマが展開されていく。というか1巻はこれが全てだ。各人物にスポットを当て葛藤や周りの人間を巻き込んだストーリーが展開されていく。

そして、最後に涼晴が地変天異が起こることを知っていた、気づいた人物がいることを知り、巻が終了する。

まったくと言っていいほど地変天異が起きた原因など解明されない。不気味な展開が続くのだ。

地変天異が起こった町は3つだけ

大地が空に、空が地上に…といった現象、実は3つの町でしか起こっていなかったのだ。勇矢町、上勇矢町、南勇矢町といった町だけだ。しかも、それ以外の町からは見え方が違うようだ。漫画内でこの現象はニュースとして放送されるが3つの町に属していない地域からは空に向かって吸い上げられているように見えているのだ。

3つの町とそれ以外はまったく別の空間にいるような感じ。

この辺りも謎を解く鍵になってきそう。
ちなみに地変天異が起こっている町から安全な町に批難しようとすると上からの重量、下からの重力に押しつぶされて体ごと潰されてしまう。勇矢町、上勇矢町、南勇矢町にいる人間は町から出ることは死を意味しているのだ。

主人公が誰だかわからない…

普通の漫画ならすぐに主人公、ヒロインとかわかる。

しかし、この漫画は1巻を読んだだけでは誰が主人公なのかわからない。涼晴といった高校生がメインで物語の展開が進んでいきそうな感じはあるが1巻では今後の展開がまったくわからない。

それがこの漫画の魅力でもあるし、続きが読みたくなるような仕掛けなのかもしれない。謎多き漫画だが今後の展開に期待してしまう。


漫画「隣町のカタストロフ」はサバイバル、ミステリー系漫画が大好物の方におすすめできる漫画だ。今後、伏線を多く散りばめて考察がはかどるような漫画になりそう。

第1巻の発売は2017年4月28日だが第2巻が既に2017年8月に発売予定となっている。スパンも短く今から次巻の展開が楽しみでしょうがない自分がいる。興味が出た方はぜひ、試し読みからでも読んでみて欲しい。

電子版「隣町のカタストロフ」について

執筆時点で電子版「隣町のカタストロフ」の取扱いがあるのは「BookLive!」だけだった。Kindleやその他電子書籍ストアでも取り扱いは出てくると思うが現時点で電子版を読みたい方はBookLive!を推奨。試し読みも可能だ。