ラブバトル勃発!?少女漫画「ピーチガール」2巻のあらすじ・ネタバレ感想

ピーチガール(2)
ピーチガール(2)
作品名:ピーチガール(2)
作者・著者:上田美和
出版社:講談社
ジャンル:少女コミック
掲載誌:別冊フレンド

少女漫画ピーチガールを知らない人へ

「ピーチガール」とは、1997年〜2004年の長期に渡って講談社出版の別冊フレンドにて連載された少女漫画である。

ピーチガール完結後もスピンオフ作品「裏ピーチガール」「ピーチガールNEXT」の連載もしており、長年にわたって多くのファンからの支持を受け続けている。

2001年には台湾にてテレビドラマが公開され、日本国内でも2005年にテレビアニメが公開された。

そして、2017年5月20日にピーチガール実写化映画の放映がスタートする。発売当初からのファンのみならず、次の世代にも絶大な人気を引き継いでいるのである。

恋愛展開がハラハラ・ドキドキ・胸キュン!漫画「ピーチガール」1巻のあらすじ・ネタバレ感想

2017.01.26

少女漫画・ピーチガール 第2巻のあらすじ

せっかく念願の恋が叶ったモモであったが、小悪魔サエの悪事によって、モモとトージの間に大きな誤解が生まれる。

1人焦ったトージは、モモに無理矢理キスをしようとするが、サエから吹き込まれた「トージがモモに告白したのは体目当て」という言葉が脳裏に浮かび、モモはトージのキスを拒否した。

これまでの事は全てサエの罠だった事とは知らず、キスを拒まれたトージは酷く落ち込み、自分は体目当てだと勘違いしてしまっているモモも大きなショックを受けてしまった。

その後も、サエによって振り回される二人だが、ようやく気持ちを通じ合うことが出来た。

そして次第に、モモは気づき始める…
今までの最悪な出来事は全てサエの陰謀だったことに…

モモに好意を抱いているカイリもサエの性悪な性格を早くも察していた一人だ。カイリは、モモの事が好きだけれどモモの為にトージとの仲を取り持とうとする。

モモとトージが別れれば、自分がモモと付き合えるのに…、モモとトージを応援するのだ。

一方でトージはというと、モモが必死に「サエに騙されている」と訴えかけても聞く耳を持たないサエちゃんがそんなことするわけがない、とモモを信じない。おまけにサエに洗脳され「モモとカイリができている」と思い込んでしまう。

そして、トージはモモに別れを告げる…

更にパワーアップするサエの洗脳

1巻よりもますます過激になっていくサエの性悪ぶりは見ていて非常に腹立たしい。サエは自分の計画が失敗しても、次から次へと新たな秘策を考えては実行する。女は怖い…まさにサエみたいな奴の事を指す言葉であろう。

高校生の女子とは思えないほどの恐ろしい女である。

鈍感なトージに腹が立つ…

男なら自分の好きな女を信じろ!と声を大にして言いたい。

ホントに情けない…。

あんな小悪魔サエの言葉を信じて、自分の彼女の悲痛な叫びを聞き入れない男なんて、男じゃない。

2巻でトージを見損ないました。まあ、これも全てサエの存在のせいですが…。

チャラ男カイリの株が急上昇

モテ男・チャラ男の印象だったカイリだが、1巻の時点で実は良い奴だという事が判明する。

そして、2巻ではカイリの株価が一気に上昇するのだ。

今まで女と真面目に付き合ったことがないというのは、今まで本気で人を好きになったことがないだけなんだと私は思う。カイリだって本気で人を好きになれば、真剣に一人の女性と付き合えるんだと思う。そして、その相手とはモモである。

モモの為に力になってくれるカイリには惚れ惚れしてしまう。これぞ男の中の男だ。

カイリという男は、モモが好きだという自分の気持ちよりも、モモが笑顔になる事の方が大事だから、モモの恋を応援しようと思ってしまう男なのだ。

こんな男、しかもまだ高校生っ!今まで見たことがない。

少女漫画・ピーチガールは王道の恋愛ストーリー

時々コメディー要素で楽しませてくれるピーチガールだが、ストーリーはラブが基本だ。まさしく王道のラブコメだと思う。

主人公のヒロイン「モモ」を巡っての三角関係が続き、そこに小悪魔サエが出入りする感じだ。

思うように行かない苛立ちや、サエに対する腹立たしさもあるが、それ以上に胸キュン要素が高いコミックである。

ピーチガールが試し読みできる電子漫画サイト

ピーチガール(2)
BookLive!のボタン
Renta!のボタン
ハンディコミックのボタン
コミックシーモアのボタン
コミなびのボタン
まんが王国のボタン

小悪魔サエの本性がバレる波乱の巻「ピーチガール」3巻のあらすじ・ネタバレ感想

2017.02.03