漫画「オタサーの姫殺人事件」2巻ネタバレ!浮上する姫の二面性に驚愕!?

オタサーの姫殺人事件(2)

荒木宰先生の人気漫画である「オタサーの姫殺人事件」の第2巻が電子版として配信。1巻で謎の死を遂げたオタクサークルの姫こと姫城しいな。

妹となる「るいな」が登場して本格的な犯人探しがスタートしていきます。

2巻ではオタクサークルに入部する前の姫の素顔が明かされていき、また姫をビッチにしたと思われる金髪の男の正体も判明。謎が謎を呼び、さらに犯人が誰なのか不明になっていきます。

また姫の妹「るいな」の破天荒な性格も爆発。2巻も安定のクオリティで楽しめる作品です。

この漫画の試し読み
オタサーの姫殺人事件(1)

電子書籍ストア「BookLive!」にて冒頭の無料試し読みが可能。オタサーの姫は誰に殺られたのか…考察も楽しめます☆彡

今すぐ試し読みする

※移動先の電子書籍ストアで「オタサーの姫殺人事件」と検索すれば素早く作品を絞り込んで試し読みページへ移動できます。

漫画「オタサーの姫殺人事件」ネタバレ感想!ビッチな姫を殺した犯人は一体誰!?

2018.05.10

漫画「オタサーの姫殺人事件」2巻ネタバレ

ちなみに姫の妹である るいなが姉は殺さたと思う理由は姫から電話があり「このままだと死んじゃうかも…」などと電話越しに伝えられた為。

明かされていく姫の多種多様な顔…!?

本格的な犯人探しを始める青鹿とるいな。まずは自分達以外に姫の事をよく知っている人物を探し出して何か変化がなかったか聞き込みをしていくことに。

まずは姫が通っていたゼミへ。
どうやら姫は浮かない地味な感じの子だった模様。ゼミの人間に聞き込みをするも存在感が薄く印象に残っていなかった。

続いては姫の所属していたテニスサークル。
ここでの姫は明るく行動的。テニサー男子を次々と食っていたようだ。

またゼミへ戻り、姫と親しかった学生を見つける。

ここで姫は呪いに興味があり、呪い殺したい人物がいたことが判明。そしてゼミにいた頃の姫の写真をみて青鹿達は驚愕。それはオタサーに入部した時の姫とは正反対の暗く地味で目立たない存在の姫が写っていた。

オタサーメンバーに説教を食らわす姫の妹…

姫の人柄に関する聞き込みを終えた後、るいなはオタサーメンバーを青鹿の自宅に呼び調査を開始する。

オタサーメンバーの自分勝手な意見にブチ切れ。ただ、ここでは犯人に結びつくような手掛かりは得られず。

再び、ゼミで姫と仲良かった学生に聞き込みをすると姫が金髪の男と頻繁に会話していた情報を聞き出すことに成功。この金髪の男は1巻で姫の彼氏ではないかと噂された男であった。

変化前と変化後の姫を知る重要人物としてオタサーメンバーは金髪男に接触を試みようする。

金髪男の正体は妹がよく知る人物であった…!?

金髪男と接触するために出没しそうな場所で聞き込みをすることに。

金髪のチャラ男=クラブといった発想でオタサーメンバーは異世界のクラブイベントで聞き込みをすることに。まぁ結局、金髪男と見事に接触することに成功するのだが…。

姫が親しそうに会話していた金髪男はるいなもよく知る人物であったのだ。

金髪男の正体は姫が高校時代に好意を抱いていたキョー先輩と呼ばれる人物。まさにチャラ男で姫と関係を持ちながら実はるいな狙いの男であった。

しいな、るいな、キョーを含む3人の高校時代の思い出が回想されていきます。

実はこの時にしいながショックを受ける出来事が…!?

場面は現実に戻り、キョーに聞き込みをしていくオタサーメンバーとるいな。しかし、キョーから驚愕の発言が飛び出してきます。

オタサーメンバーの中に部室を盗撮していた人物がいる。しいなはキョーにそう漏らしていたようです。盗撮動画に何が映っているのか…そして盗撮していたオタサーメンバーは誰なのか…!?

次巻へ続きます。

漫画「オタサーの姫殺人事件」2巻の感想

オタサーの姫殺人事件(2)

なんとなんと姫…実は地味で目立たない陰キャラだったようですね。しかも誰かを呪い殺そうとしていた…。もしかしたら高校時代の出来事がショックで妹のるいなを恨んでいたのではないでしょうか。

2巻を読むと何となく姉妹の確執や違和感を感じます。また、しいながるいなを恨んでいるのではないか…といった雰囲気も感じ取ることができます。

2巻では姫の様々な秘密が明かされていきますが、事件解決に繋がる手掛かりは皆無。しかし、3巻で登場する盗撮動画に事件解決の糸口が眠っているような予告となっていました。今から次巻が楽しみです☆彡

最初はコメディ系漫画かと思いきや、ドンドン本格的なミステリーサスペンスになっていく「オタサーの姫殺人事件」読みやすく萌え要素も満載。万人にお勧めできるミステリー作品としてお勧めです。是非!


オタサーの姫殺人事件(1)

オタサーの姫殺人事件

原作・著者荒木宰
価格500円(税抜)

天使のように可憐な「姫」は、突然僕らのサークルに舞い降りた。姫の魅力と気遣いで、サークルの空気は一変する。僕と彼女の距離は縮まり、ついに信じられない夢のような時間を過ごす。永遠に恋人同士と思っていた……あの凄惨な光景を目にするまでは……! 恋と謎とスケベ心が交錯する、驚愕のサークルクラッシュ・ミステリー!!

今すぐ試し読みする


移動先の電子書籍ストアで「オタサーの姫殺人事件」と検索すれば素早く作品を絞り込んで試し読みページへ移動できます。