漫画「老人の町」内容やネタバレ感想!良心を抉る超問題作!

老人の町

漫画「老人の町」は明日乃隆(アスノタカシ)先生が月刊ヤングマガジンにて連載している作品。高齢化社会が進み、老人だらけの町で暮らす無気力な4人の高校生の物語だ。

最初は半グレ集団と高校生が町を守るために対立するような漫画かと思ったが全然違った。人ではない何かも登場してきたり、主人公である忍(しのぶ)がある理由から半グレ集団に参加するなど意外な展開を見せる作品。

平穏な日常から一変、半グレ集団に参加して町の老人を襲っていくことになるが忍がどう立ち回っていくのか見所の漫画である。

漫画「老人の町」ネタバレ

老人だらけの町…そして起こる殺人事件の数々

主人公:忍率いる4人の高校生は老人だらけの町、老人だけの依怙贔屓に不満を持ちながら平穏に生活をしていた。しかし、そんな町で老人を狙う事件が多発するようになる。

忍は帰り道、偶然にも老人が襲われている現場に居合わせてしまい、老人を狙う武装集団と戦うハメに。その場はなんとか助かることに成功。

翌日、学校のトイレで老人と自分を襲った武装集団の1人に特徴が似ている生徒と居合わせてしまう。忍はその男の名前を友人に聞いて老人を狙う集団の1人だと確信を持つ。ちなみに半グレ高校生の名前は奈落だ。

目の前で人外なる何かに老人が殺害される…

仲の良かった老人:テツじいが老人殺人事件に巻き込まれ帰らぬ人となる。忍達はテツじいから聞いた「エロスの女神」の真相が知りたく夜中、神社に集合してエロスの女神の真相を探ろうとする。

そこには物盗りをする口うるさいお婆さんがいた。忍達も知っている老人だ。実はそれがテツじいが言っていたエロスの女神であった。このお婆さん、若い頃はイケイケでテツじいは惚れていたらしい。その時、テツじいがお婆さんにつけたあだ名がエロスの女神だった。

そんな日常系な件などあるが、神社で急にお婆さんが苦しみだし、神社から奥に吸い込まれてしまう。追いかける忍達。行き着いた先でエロスの女神と呼ばれたお婆さんは帰らぬ人になっていた。

半グレ集団に拉致される忍

忍は帰り道、半グレ集団に拉致される。そこには奈落もいた。そのまま倉庫に連れて来られる忍。半グレ集団のリーダーと顔を合わせる。

リーダーの思想を聞かされた後、半グレ集団の仲間になることを求められる忍。弱い者虐めはダサいと考える忍は参加を頑なに断る。業を煮やしたリーダーは忍の友人達に痛い目を見せると脅し、なんとか忍を自分達の仲間にする。

老人を襲う忍達の前に怪物が現れる

無理やり半グレ集団の仲間にされた忍。早速、老人を襲撃する現場に駆り出されることに。その現場は別の老人に目撃されてしまう。しかし、その老人は意味深なことばかりを呟く。

すると、忍達の背後から顔のない人型の何かが現れる。忍達が襲撃した老人の心臓を摘み出し、怪物は心臓を食してしまう。

半グレ集団は恐怖で一目散に逃げる。
しかし、足を怪我している忍だけ逃げ遅れる。背後から怪物が近づいてくる描写で1巻は幕を引く。

漫画「老人の町」はどう物語が転んでいくのかわからない楽しさがある!

老人の町

この漫画、実はWeb漫画として以前に連載されており、未完のまま休載となった。それがヤングマガジンにて新連載。少しWeb漫画版を見たが内容が異なっているようだ。

老人だらけの町、老人を襲う武装集団に入ってしまった主人公。そして謎の怪物。これらがどう絡み合っていくのか今後の展開が楽しみな漫画。気になった方は是非、読んでみてください☆彡

ちなみに著者さん。
こんなことを呟いておりました(笑)


老人の町

老人の町

原作・著者明日乃隆
価格540円

「老人なんて、この世に要らない」少子高齢化がエスカレートし、老人だけがエコヒイキされる町で、無気力に生きる高校生4人組。しかしそんな日常を破壊するかのごとく、突然、老人を襲う武装集団が町に現れた。若者たちにとってその暴力は正義なのか?カネと命を奪う、ただの悪なのか?アナタの良心を抉る超問題作、ここに開幕!


※電子書籍ストア「BookLive!」にて試し読み可能。BookLive!内にて「老人の町」と検索すれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。