漫画「虐殺ハッピーエンド」3巻ネタバレ感想!邪魔者は全て消す!主人公覚醒!

虐殺ハッピーエンド(3)

漫画「虐殺ハッピーエンド」はタイムループ物。主人公の目的は同じくタイムループ現象になっている妹を手術日まで送り届けること。時間を進めるには1日1人を殺すことが条件となっている。

平凡で妹思いの高校生、真琴が過酷な状況に陥りながら、殺人を犯し時間を進めていく作品です。

2巻で超がつくメンヘラ女、片桐に気に入られてしまう真琴。3巻ではこの片桐が大暴れして真琴を悩ませていきます。そして終盤では遂に真琴を最初から怪しんでいた九十九警部が非現実的なタイムループを受け入れ、気づくことに。

真琴は無事に妹を手術日まで守りきる事ができるのか…。

漫画「虐殺ハッピーエンド」2巻のネタバレ感想!メンヘラ女の凶器が計画を狂わす…!?

2018.01.29

漫画「虐殺ハッピーエンド」3巻ネタバレ

かなり内容の詰まっている第3巻。
見所となる部分をご紹介していきます!

メンヘラ女子の凶行が止まらない…

真琴と共に行動して真琴に好意を寄せるメンヘラ女子、片桐が序盤は暴れまわります。

真琴の姉さん的存在である弥生に牙を剥き、一度ならず二度も殺害をします…。しかし、真琴がタイムループをして弥生には何事もなかった展開へ。

真琴にお灸をすえられる片桐。

落ち着いたかのように見せかけて、今度は真琴に対する独占欲が強まったのでしょうか。真琴の最も大切な存在である妹、詩織に敵意を剥き出しにしていきます。

これには温厚で今まで我慢していた真琴も堪忍袋の緒が切れ、真琴が片桐を殺害して時間を進めていくことに。

ようやくメンヘラ女子の束縛から開放される真琴ですが、どこか吹っ切れたのか覚醒。

妹を手術日まで送り届ける為、躊躇なく人を殺していくように…。

鈴原が真琴達に牙を剥く…

1巻で真琴が殺した大樹。その母親、鈴原が真琴と詩織に牙を剥き出します。

大樹がこの世から居なくなったことで満身創痍状態であった鈴原。しかし、九十九警部が上手く鈴原を動かす為に意味深発言をしていきます。これによって大樹の死に真琴と詩織が絡んでいる事を印象付けることに成功。

鈴原は病院へ復帰して真琴と詩織の隙をついていきます。

鈴原は息子、大樹の死の真相を知るために…。九十九警部は真琴が一体何をしているのか…といった究極の謎を解明する為、徹底的に真琴を追うように。

病院内でのゴチャゴチャがあり、真琴は誰も殺さずタイムループへ。

自分たちに危害を加える鈴原をタイムループ後、改めて消していきます。

九十九警部が遂に真琴の秘密に辿り着く…!?

鈴原の死、病院内の監視カメラ映像によって何が起こっているのか突き止めることに成功した九十九警部。

タイムループといった非現実的な内容を確信へ変えるため、真琴と自分を手錠で拘束することにします。

九十九警部の考察もほぼ的を得ており、絶体絶命のピンチ。このまま誰も殺せなければ九十九警部にタイムループが実在。それを利用して今まで殺害に及んでいた事もバレてしまいます。

タイムループまで残り2分。

真琴が行動を起こします。
隠し持っていたナイフで九十九警部の左手首を切断。

「確かに…あんたはまともじゃない…」
「でも…」
「僕もまともじゃないんだ…」

次巻へ幕引きとなります。

漫画「虐殺ハッピーエンド」3巻の感想

虐殺ハッピーエンド(3)

3巻は様々な展開が巻き起こっていきます。正直、書ききれないので詳細は是非、漫画を購入してチェックしてみてください。

さらにぶっ壊れキャラであったメンヘラ女子、片桐が3巻で消えていきます。最後まで引っ張ってくるキャラだと思っていたので少し残念(笑)

さらに、さらに、上記で記していないのですが植物人間状態の詩織が涙を浮かべるシーンが描かれる場面もあります。真琴が行っている行動は詩織にリンクされているのでしょうか。謎めいた部分が出てきました。

徐々に九十九警部に追い詰められてきている真琴。無事に手術日まで時間を進めることはできるのでしょうか。物語も終盤に差し掛かってきているのか…さらに注目必死な作品となりました。

虐殺ハッピーエンドは妹を救うため、人を殺め、奔走する物語。結末の見えないタイムループ系サスペンス漫画です。是非☆彡

虐殺ハッピーエンドが試し読みできる電子書籍ストア

虐殺ハッピーエンド
BookLive!のボタン
Renta!のボタン
ハンディコミックのボタン
コミックシーモアのボタン
eBookJapanのボタン

※各電子書籍ストアにて試し読み可能。電子書籍ストア内にて「虐殺ハッピーエンド」で検索すると素早く絞り込みできます。