4歳児の生活力が凄まじい!漫画「コタローは一人暮らし」1巻のネタバレ感想

コタローは一人暮らし

漫画「コタローは一人暮らし」は津村マミ先生の漫画。コタローという4歳の少年が主人公である。コメディ漫画主体であるが時折、描写されるコタローの過去には闇が潜んでいる。それでもコメディタッチなので本来なら重たいエピソードも笑いと感動に変えてくれる素晴らしい漫画。

読めばコタローにハマり、応援がしたくなる。そしてコタローの『殿様語』が不思議と染み付いてしまうのだ。

この漫画はコタローを始め、周りの優しい大人達に心震える漫画。4歳児が一人暮らしなど現実離れをしているが笑いと感動は一級品の漫画だ。気になった方は是非、チェックを!


漫画「コタローは一人暮らし」は以下から無料試し読みが可能。笑い・涙ありのコメディ漫画です。心癒されたい方は是非!


漫画「コタローは一人暮らし」1巻のネタバレ

アパートで一人暮らしをする4歳児

この漫画の舞台になるのは「アパートの清水」。
突如、挨拶に訪れるコタローに隣人の狩野は驚く。そして1人暮らしをしていることにさらに驚く。

隣人の狩野は売れない漫画のようだ。徐々にコタローの事を気にかけるようになっていく優しい大人。コタローの求心力に引っ張られて最初、2人は銭湯へいくことに。

その後もなんだかんだでコタローを気にかける狩野。少し狩野を頼りにするコタローなどホッコリ&コメディが序盤の内容となっている。

持ちつ持たれずのコタロー&アパートの住人

コタローの周りにアパートの住人が押しかけたり、コタローが誰かの部屋にお邪魔したりなど持ちつ持たれずの関係に発展していく。

時にコタローが大人を癒やしたり、大人がコタローの父役、母役になったりなど。コメディ漫画とはあるが中盤から感動エピソードが随所に散りばめられていく。

本当、コタローの真っ直ぐな考え方、周りの大人達の優しさは心打つものがあり、号泣必死かもしれない(笑)

コタローの生活費はどうなっているのか?

4歳児がアパートを借りて、生活をしていく。当然コタローは幼稚園児なのでお金を稼ぐ手段などはない。1巻の終盤で明かされるがコタローの生活費は母親の保険金で賄われている。弁護士事務所を通してコタローに毎週、生活費を送っているようだ。

このエピソードもコタローの弁護士に対する「おもてなし」やコタロー担当の新人弁護士である小林彩乃の「覚悟」など胸を打つモノがある。

実はこの漫画、凄く重たい内容なのかもしれない。しかし、コタローを支えようとする大人たち。コタローの献身さが切ない重たいテーマを笑いと感動に変えてくれているのだ。

コタロー&アパート住人の成長が見逃せない漫画「コタローは一人暮らし」

コタローは一人暮らし

本当にいい漫画。
ジワジワと心打つ内容になっている。またアパート住人もコタローが引っ越してきた事によって心境に変化が現れている。

この漫画の着地点がどこになるのか、わからないがコタローにはこのまま真っ直ぐな姿勢で成長して欲しいと思ってしまう。またアパートの住人にも。

他人に対する気持ちを優しくしてくれる漫画。現在は1巻〜2巻まで発売中。2巻も購入したが今から読むのが楽しみ。一度読み出すと4歳児に心打たれ、やられる漫画。是非!


コタローは一人暮らし

コタローは一人暮らし

原作・著者津村マミ
価格540円

「アパートの清水」に突如、コタローという4歳の少年が引っ越してきた。なんと彼は一人暮らし・・・!しかしながら妙に生活力があり、むしろアパートのちょっと駄目な隣人の大人たちよりも余程しっかりしていて!?そんなコタローのちょっとずつ明らかになる過去に、皆が心を震わせていく・・・笑って泣けるアパートメントコメディーの開劇!!