シオミヤイルカ版「キノの旅」漫画2巻のネタバレ感想!政治的風刺の多いエピソード中心の問題作を収録

キノの旅(2)

シオミヤイルカによる『キノの旅』、2巻である。並行して別の漫画家「郷」による同原作のコミカライズ1巻が刊行されているので、こちらは「シオミヤイルカ版」と呼称する。

作画:郷「キノの旅」漫画ネタバレ感想!入門用におすすめの一冊!

2017.11.15

シオミヤイルカ版「キノの旅」2巻のあらすじ

キノは旅人である。エルメスと名付けられたモトラド(注:二輪車。空を飛ばないものだけを指す)に乗って、諸国を渡り歩く旅をしている。

この基本設定も、原作ではキャラが増えたりして徐々に変わっていくのであるが、シオミヤイルカ版2巻においてはまだこれ以上のプロットはほとんどない。

1巻では一切パースエイダー(この世界における銃器の総称)を用いなかったキノであるが、2巻では一回だけ、完全に自衛のためとはいえ人を撃つシーンが挿入されている。

収録されているエピソードは、それぞれ中編で、「多数決の国」と「平和な国」の二つである。

シナリオ忠実度99%!画力も最高!漫画「キノの旅 the Beautiful World」ネタバレ感想

2017.10.10

シオミヤイルカ版「キノの旅」2巻のネタバレ

多数決の国1/2

いつものようにエルメスで旅をしているキノが、ある国の城門に辿り着く。門は開け放たれており、誰もいない。とりあえず入ってみることにする。ちなみに、長大な『キノの旅』原作シリーズにおいては、このパターンはさほど珍しくはない。

それなりに立派な街だが、人はいない。1巻の「人の痛みが分かる国」とは異なり、人が隠れているという気配もなく、無人であり、微妙にだが荒廃が始まっている雰囲気だ。ロボットがホテルを営業しているなどということもないので、市街地の真ん中で野営をする羽目になる。

探索2日目、キノは公園のようになっている立派な王宮跡と、広大な墓所を見つける。住人はやはりいないようだった。

ところが探索3日目、一人の中年男に出会う。男は、自分はこの国でただ一人の住人であると名乗り、この国の歴史を語り始める。曰く。

「この国には10年前まで王がいた。暴君であり、多くの人々が殺された」

多数決の国2/2

男の話は続く。「やがて革命が起きた。私は初期からそれに参加しているメンバーの一人だった」

「王は国を逃れようとして捕縛され、革命は成就した。我が国は、もう二度と王を戴かないと誓い、あらゆる事柄を多数決で決めることにした。最初に決めたことは、国王とその家族と取り巻きをどうするか、だった。98%の賛成多数で、彼らは処刑された」

「その後、共和政体を主張するもの、死刑の廃止を主張するものなどが現れたが、すべて国家への反逆者として処刑された」

「新政府になってから執行された処刑の回数は、1万3064回だった」

「ついに人口は残り3人となり、1人は国を出ていくと言った。私と妻は、2対1の多数決で彼を処刑した」

「妻は病気になり、半年前に死んだ」

「今、この国の国民は私だけだ」

そして男は、キノに「この国で暮らさないか」と言うが、キノはにべもなく拒絶し、去っていく。去り際に、キノはぽつりとこう言う。

「さよなら、王様」

平和な国1/2

キノはある国に辿り着く。文明の進んだ、平和で繁栄した国だった。ただ一つ気がかりだったのは、入国前、国の近くで、死体の山を目撃したことであった。

国の歴史を知りたい、と言うキノに、国民たちは「歴史博物館」を訪れることを薦める。そこの館長は、この国はかつて隣国との間にひどい戦いを繰り広げていた、という話を語る。そして、キノに見せる。現在行われている「戦争」が、どんなものであるかを。

それは、両国とは関係のない近隣の原住民を殺戮し、その数を数え、より多く殺した方が勝ちである、という催しだった。

平和な国2/2

キノは館長に、あれは虐殺ではないのか、という至極もっともな疑問をぶつける。館長は、そう見えるかもしれないが、あのおかげで確かに我が国は「平和な国」であることを維持しているのだ、と語る。

キノはどう思ったのか、いずれにせよ、ポリシーである三日間の滞在期間が過ぎたので、国を発つことにする。そこに、例の原住民の集団が現れ、単なる旅人であるキノを、憂さ晴らしのためだけに殺そうとする。

だがキノは強いので、リーダーらしき男を撃ち殺し、そのまま去っていく。

シオミヤイルカ版「キノの旅」2巻の感想

キノの旅(2)

なんとも、微妙な読後感である。この単行本だけ読んでも分からないだろうが、原作小説のシリーズを読んでいれば分かる。「多数決の国」と「平和な国」は、このシリーズの中でも屈指の、政治的風刺の色彩が強い作品だ。

はっきりいって、評判はよくない。こういう作品があるから『キノの旅』自体が嫌いだと公言する人も少なくないし、この話が格別好きだ、なんて読者の話もあまり聞かない。

この二つの話が果たして原作者の個人的な「政治的思想」を反映したものなのかどうかは、筆者にはどうでもいいし、興味もない。ただ、こういう話をあえてわざわざチョイスしてきたシオミヤイルカ版『キノの旅』が、今後どういう方向を目指していくのかについては、相変わらず興味を引かれているというところである。

キノの旅 the Beautiful Worldが試し読みできる電子書籍ストア

キノの旅(1)
BookLive!のボタン
Renta!のボタン
ハンディコミックのボタン
コミックシーモアのボタン
eBookJapanのボタン
まんが王国のボタン

※各電子書籍ストアにて試し読み可能。電子書籍ストア内にて「キノの旅」で検索すると素早く絞り込みできます。