漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」2巻ネタバレ!衝撃展開&深まっていく謎に目が離せない!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(2)

注目している漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」の最新刊となる第2巻の電子版が配信開始。2巻は第10話〜第20話が収録。

2巻も怒涛の展開を見せており、主人公:斎藤悠介が殺めた人物が判明。また会澤が手に入れたかった物も見つかってくる。さらに事態は急展開を向かえていきます。あるはずの死体が別の人物にすり替わっている…!? 徐々に蘇ってくる記憶の断片がさらなる波紋を広げていきます。

悠介の失われた記憶の中には何が隠されているのか…二面性を持つ主人公の裏の顔は本当に非道であるが目が離せないストーリー。2巻を読んだ時点で第3巻が待ち遠しくて堪らなくなりました(笑)

この漫画の試し読み
君が僕らを悪魔と呼んだ頃

この漫画は電子書籍ストア「eBookJapan」にて無料試し読み可能!主人公の2面性が恐ろしく一気に惹き込まれていく作品です!

今すぐ試し読みする

漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」ネタバレ感想!記憶を取り戻すことは吉とでるか…凶とでるか…

2018.03.09

漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」2巻ネタバレ

自分が殺めた人物の記憶が蘇った悠介。さらに自分の失った記憶を深掘りしていくため、会澤と共に記憶を取り戻す行動を起こしていく。

ちなみに悠介が殺めた人物は1巻でも登場でもチラッと登場した一ノ瀬明里といった女性。

一ノ瀬の実家へ行き、さらに記憶が蘇っていく悠介は一ノ瀬と命を賭けたサバイバルゲームを行なっていたことを思い出す。ゲームに夢中になっていた悠介の過去の回想。

悪魔だった悠介は苦しめた女性と他愛もない会話を楽しみ、やがて好意を抱いていた。

そんな記憶が蘇る中、悠介は一ノ瀬の死体の在り処を思い出し、会澤と共に一ノ瀬を殺した現場である廃校舎へと戻っていく。

掘り起こした場所に別の人物が…!?

ここから物語はより迷宮へ。
一ノ瀬の死体を埋めた場所の記憶が蘇った悠介。廃校舎のお花畑を必死で掘り起こしていく。

そして、本当に死体が出て来るのだが、そこには一ノ瀬でなく謎の男が埋められていたのだ。

ちなみに掘り起こしている最中、悠介と一ノ瀬の過去の回想が描写されるが鬼畜過ぎる悪魔の悠介。非道過ぎる男がどうして記憶を無くしたのか、真実は何が隠れているのか本当に気になって仕方がない。

掘り起こされた死体の側には会澤が探し求めていた悪行の証拠となる物が眠っていた。

欲しかった物を手に入れた会澤は悠介との契約解除を伝える。しかし、会澤が居なくなると自分を守る人物や過去を知る人物が居なくなってしまう。脅しをかけて会澤と再び(自分を守る)契約をする事に。

溢れ出した憎悪は大切なモノを潰しにかかる…

失われた記憶の断片と一ノ瀬の死体探しを続行する悠介であったが、徐々に復讐者達の憎悪が牙を剥き出していきます。

犯人はわかりませんが、悠介の命を奪うような嫌がらせが始まり、その憎悪は悠介の母親まで忍び寄ることに。

悠介の母親は仕事を終わり、通り魔に襲われて瀕死の状態へ。

しかし、悠介にはわかっていた。通り魔の無差別的犯行ではなく自分への復讐だと。母の出来事を会澤に伝えた悠介は会澤から衝撃な発言を聞かされる。

「悪魔に戻ればいいのさ」

「悪魔に歯向かった愚か者がどうなってしまうのかを…」

平凡な高校生:斎藤悠介のままでは自分は愚か、大切な人さえ守れない…。己との葛藤の中、悠介は再び悪魔の仮面を被ることを選んで次巻へ引き。

漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」2巻の感想

君が僕らを悪魔と呼んだ頃(2)

掘り起こされた死体の男は一体誰なのか…一ノ瀬の死体はどこにあるのか…謎が深まっていく展開にゾクゾクしてしまいました。

時折、出て来る悠介の過去の記憶。

漫画の主人公らしからぬ残虐非道性を持っており、衝撃の連続です。ここまで酷い事を顔色一つ変えずにやってしまう悠介は漫画であってもただ、ただ恐ろしいの一言…(笑)

3巻ではさらに自分探しの旅を続け、新たな記憶の輪郭が現れてくるようなので今から本当に楽しみです。

漫画「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」はハードなバイオレンスミステリー。悪魔と平凡の2面性を持った主人公が失われた記憶を取り戻す旅を続ける物語。過去に類を見ないダークな主人公が魅力的です。是非!


君が僕らを悪魔と呼んだ頃

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

原作・著者さの隆
価格432円

かつて、僕は悪魔だった。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ?

今すぐ試し読みする