少女・女性漫画を読むのにおすすめの電子漫画サイト

少女漫画を読む女性

少年・青年漫画より取り扱いの多い少女・女性漫画。多くの電子漫画サービスでは力の入ったコンテンツになっておりラインナップも豊富になっています。ただし電子漫画サービスによって若干のラインナップ数の差。サービスの違いによって漫画を読む快適度合いが変わってきます。

ここでは少女・女性漫画を読むのにおすすめできる電子漫画サイトをピックアップしました。

一般漫画にはやはり推奨したい「BookLive!」

BookLive!
BookLive!の少女・女性漫画

少女漫画は8,000作品以上
女性漫画は14,000作品以上
豊富なラインナップのBookLive!

少女漫画、女性漫画とカテゴリ分けもされており作品が探しやすいです。漫画の充実度も十分なほど取り揃えています。BookLive!の特徴はなんといっても多様性に優れた電子漫画サービス。小説や一般書籍も販売されているので多くの漫画、書籍を購入したい人にオススメできます。

あと、購入した本はクラウド上に保存されて携帯端末を変更しても購入した本が読めなくなることがありません。一度、本棚アプリにダウンロードすれば以降はオフライン(ネット環境がなくても)再生可能となります。

しかもマルチデバイス対応。スマホ、タブレット、PCで購入した漫画、書籍を閲覧することが可能になっています。スマホ向け電子漫画サイトは月額ポイント制が多いですがBookLive!は都度毎に購入する形式。会員登録をして解除し忘れて課金されることはありません。

BookLive!(ブックライブ)の無料会員登録方法を徹底解説

2016.12.28

スマホで快適に少女・女性漫画を読みたい方向け

コミなび

コミなび
コミなびの少女・女性漫画

コミなびでは少女漫画7,000作品以上
女性漫画が9,000作品以上のラインナップ
その他、BL・TL漫画のラインナップが豊富

コミなびはスマートフォン、タブレット専用の電子漫画サービス。少女・女性漫画のラインナップは下記のハンディコミックに多少劣りますが、スマホ向け電子漫画サービスでは珍しい「オフライン再生」可能な漫画サイトです。

専用本棚アプリがあり巻購入した作品は本棚アプリにダウンロードすることでネット環境がなくても購入した漫画の閲覧が可能です。

月額ポイント制ですが契約コースが5000円以下であれば毎月のボーナスポイントも業界最高峰でお得です。まだクレジットカードを持つことができない女子中学生、女子高校生も携帯キャリア決済で支払いができて利用しやすさが高いです。

ちなみに本棚アプリ兼ビューアとなっているアプリは自社開発で非常に可読性が高くデフォルトで横読み、縦読みに対応。操作性も非常によく漫画を読んでいてストレスを感じることがありません。

コミなび会員登録方法を徹底解説

2016.12.27

ハンディコミック

ハンディコミック
ハンディコミックの少女・女性漫画

ハンディコミックでは少女・女性漫画が
同一カテゴリになっている
作品数は29,000作品以上と業界最多数を誇る

続いてスマホで少女・女性漫画を読みたい場合におすすめしたいサービスがハンディコミックです。こちらは少女・女性ジャンルの漫画のラインナップが最高峰。また運営はBookLiveが行っており使い勝手も追求されています。

BookLive!の姉妹サービスですがよりマニアックでニッチなジャンルの取り扱いも多く読みたい漫画の多くはBookLive!、ハンディコミックを利用していれば全て見つかります。

ハンディコミックも月額ポイント制。
ちょっと不満点を挙げるなら購入した漫画を端末に保存できません。常にストリーミング再生なのでデータ通信量を気にする方は少しネックになるかも。巻売り、話売りの作品がり、話購入であっても閲覧無期限の作品がほとんど。データ通信量さえ気にしなければ使い勝手は本当に良いです。

少女・女性漫画の取り扱いも多いですがボーイズラブ、ティーンズラブ系漫画の取り扱いも業界最多の電子漫画サービス。CMでも話題の「めちゃコミック」と同じくらい人気のあるサービスになっています。

ハンディコミックの無料会員登録方法を徹底解説

2017.01.04

期限があっても安く少女・女性漫画を読みたいなら「Renta!」

Renta!
Renta!の少女・女性漫画

Renta!では少女漫画は8,000作品以上
女性漫画といったカテゴリはなし
その他、レディコミ、BL、TL等あり

最近は48時間レンタルで1チケットで借りられる漫画が減ってしまってきた感のあるRenta!ですが、少し古い漫画などはまだ1チケットで借りることもできます。48時間レンタル:100円であればコストパフォーマンスは非常に良いかと思います。

ただし48時間レンタル作品の中には3チケット、4チケット(300円〜400円相当)の作品もあります。この類は非常にコスパが悪いので借りるのはやめておいた方が無難。あと100円、200円出して購入した方が読み返すこともできてコスパは良いかと思っています。

自分の読みたい漫画が48時間レンタル:1チケットであれば十分に活用しがいのあるサービスです。あと無料配信作品も充実していて良い暇つぶしになったりします。

漫画レンタル「Renta!」の無料会員登録方法を徹底解説

2017.01.06