グロい…エグい…閲覧注意の漫画「食糧人類」のあらすじ・ネタバレ感想

食糧人類

グロくてエグい…謎ばかりが深まるサスペンス・ホラー漫画「食糧人類」のあらすじやちょいネタバレも含んだ感想を紹介していきます。とりあえずこの漫画…グロ耐性がない方はあまり読むことはお勧めできません。

食糧人類
作品名:食糧人類-Starving Anonymous-
作者・著者:蔵石ユウ / イナベカズ / 水谷健吾
出版社:講談社
ジャンル:青年漫画
掲載誌:eヤングマガジン

食糧人類のあらすじ

物語は温暖化が進み、3月でも真夏のような暑さを強いられる日本が舞台。学校からの帰宅でバスに乗る伊江とカズの男子高校生二人。突如、車中には催眠ガスが撒かれてバスの乗客者は全て気を失ってしまう。

目が覚めた伊江はトラックの荷台にいた。荷台一面には眠っている人間が敷き詰められている。トラックの荷台から辺りを見渡す伊江が目にしたのは冷凍された人間、防護服をまとった連中に仕分けさせてられている人間。

伊江は自分が置かれている立場を理解できない状況で人間飼育室へと放り投げられる。そこには見るも無残な人間たちの姿。飼育室ではジュースのような液体が飲める設備がある。しかし、液体を飲むと思考を抑制され、太り、正常な判断ができなくなる。すでに液体を飲んで思考抑制状態である友人カズの姿もあった。

そんな思考を抑制された飼育室に液体を飲まずに脱走を試みようとしている山引、ナツネといった人物と出会う伊江。

運よく人間飼育室を抜け出せた伊江、カズ(お荷物状態)、山引、ナツネの4人。彼らはどこかもわからない施設で信じられない光景ばかりを目にする。施設から脱出できるのか…人類はどういった状態なのか…謎が謎を呼ぶ物語が始まる。

グロ漫画の注目株『食糧人類』第2巻発売!ナツネや施設の秘密が暴かれる!

2017.03.18

グロい、エグい、キモいが揃った漫画

人間の思考を抑制する液体をチューチュー飲んで気持ちいい状態になっている人間の姿は正直、キモい(笑)

そして、1巻ではカマキリのような生物が登場して人間の皮膚を剥がし、人体模型状態にする描写などもある。これはエグい、グロい…

人気漫画である進撃の巨人をグロ漫画と言う人もいるが進撃の巨人は優しい方である。よりグロい描写が詰め込まれている食糧人類。

グロい、エグい、キモいが三拍子揃った一般人なら敬遠してしまいそうな漫画だが読んでいくと次々とページをめくってしまう。1巻では多くの謎を残したまま、終了するので次巻が気になってしょうが無い状態になってしまうのだ。

ナツネさん………かっこぇぇ

食糧人類には「ナツネ」といったイケメンキャラが登場する。とりあえず強いが頭のネジも何本か外れている印象。

漫画を実際に見てもらいたいが1巻途中で生殖種になっている人間にキスをする。その直後に生殖種の骨をバキバキに折るといった奇行に走る。しかもクールだ。だが格好よい。

女性ならナツネといったクール美男子に胸キュンしてしまうのではないだろうか。

このナツネといった男も1巻では素性がわからない。どんな過去があり、何を目的としているのかも…今後、解明されていくだろう。この漫画ではとても気になる存在の1人。

ナツネ、山引といったキャラの個性が強く、主役でもある伊江くんの存在が1巻では非常に霞んでしまっている(笑)

食糧人類はSNSでの反応も上々

グロ漫画好きには好評のご様子。
刺激のある漫画を読みたい方はベストバイ漫画。

逆にラブラブ、イチャイチャ系の漫画好きは興味本位で購入するとショッキングな描写の数々に二度と読みたくなくなる可能性もあり。読もうと思っている方はご用心を…

食糧人類-Starving Anonymous-が試し読みできる電子漫画サイト

食糧人類
BookLive!のボタン
Renta!のボタン
ハンディコミックのボタン
コミックシーモアのボタン
コミなびのボタン
まんが王国のボタン

※ネタバレ話集コーナーにて「食糧人類のネタバレ話集」を追加しました。ざっくりと話を理解した方はどうぞ。

食糧人類のレビュー投稿、考察の書き込み投稿ができるページも設置しました。

食糧人類の感想・考察のレビュー投稿広場

2017.03.16