柏木ハルコの最高傑作!?漫画「花園メリーゴーランド」内容やネタバレ感想

花園メリーゴーランド

電子書籍ストア「まんが王国」にて急上昇していた漫画「花園メリーゴーランド」を読んでみたので感想を綴っていきます。作品としては古いようなんですが電子書籍化されて人気再沸騰した漫画なのかぁ。ちなみに単行本はプレミア価格がついていたりして読むなら絶対に電子版の方がいいですよ☆彡

柏木ハルコ先生の最高傑作と呼び声高い「花園メリーゴーランド」はある集落に辿り着いた少年が大人の階段を昇っていく過程が描かれていきます。

まんが王国にあるポイントの関係で3巻までしか読めていないですがポイントが追加され次第、全巻を購入する予定です。

何と言うか哀愁漂う感じの漫画。そして性に翻弄される少年がどこかリアル。こんな風習のある集落があるなら一度は訪れてみたいと男性なら考えるのではないでしょうか。凄く面白くてグイグイと物語に引き込まれていく作品でした。

花園メリーゴーランドを試し読みするなら「まんが王国」

電子書籍ストア「まんが王国」にて第1巻が「じっくり試し読み」の対象です。他電子書籍ストアより試し読みページが増量されています。レビュー投稿も多数あり、価格も他電子書籍ストアより安く購入できます。花園メリーゴーランドの試し読み、購入なら「まんが王国」がお勧めです!

※まんが王国内にて「花園メリーゴーランド」と検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

漫画「花園メリーゴーランド」ネタバレ感想

柤ヶ沢で起こる衝撃的な風習

この漫画の舞台は柤ヶ沢(けびがさわ)と言われる集落での出来事。物語の主人公である相浦喜一(あいうらきいち)は先祖代々伝わる刀である「烏丸」を探すため、春休みを利用して父親の故郷へ向かいます。しかし、1日2本しか通らないバスで寝過ごしてしまい目的地とまったく違う場所であり途方に暮れてしまいます。

夜道を歩いていると同い年程度の学生である澄子と出会い、一時的に澄子の住む集落(柤ヶ沢)でお世話になることに。幸い澄子の家は民宿を経営しており、代金は発生しますが不自由ない1日を過ごすことに。ただ、途方に暮れている最中に財布を無くしてしまう相浦。親に郵便でお金を送ってもらうことにしたので仕送りが届くまで柤ヶ沢で生活することになります。

相浦は柤ヶ沢で生活していく内に集落の人間に不信感を抱くように。

柤ヶ沢の人間(おとな)はやたらと性に対してオープン。隙あらば大人の女性に襲われそうになる相浦。生活をしていく過程で徐々に相浦は柤ヶ沢の風習を知り、巻き込まれていくことになります。この風習というのが現代ではあり得ず衝撃的。しかし、アダルティな雰囲気が漫画から漂いグイグイと引き込まれていくんです☆彡

相浦が訪れた柤ヶ沢の風習。
それは中学生になると集落の男女は大人の男女から性に対する手解きを受けること。つまり子供から大人への階段を昇らされる行事があったのです。ひょんな事から相浦もその行事に参加することに。相浦は集落の風習によって童貞を卒業していく形に。

大人になった少年達は次の段階へ

集落の少年が大人への階段を昇ると夜這いが解禁されるようです(笑)どうやら集落の女性も夜這いされることは当たり前のように感じています。

一度味を知った集落の少年達は今夜は「〇〇の所に行く」なんて会話が…。相浦は再び柤ヶ沢の風習に脅かされていきます。

相浦・澄子の関係がもどかしい

相浦と澄子。
漫画を読む限り、この2人は意識し合っています。ちなみに相浦は澄子が大人になる儀式を邪魔しています。なので途中からギスギスとした関係に。

それでも近づいたり、離れたり…本当もどかしい距離で2人が揺れ動いていく過程は居た堪れない気持ちにさせてくれます。一応、3巻では雪上で抱き合ったりするんですが付かず離れず。また相浦を向かえにくる同級生の女子も現れます。この同級生の女子も相浦に気があるような感じ。

なんかもう、ギスギス、ドロドロした感じ。でも面白いんですよ☆彡最近の漫画にはない哀愁を漂わせてくれています。5巻完結の漫画なので早くポイントが追加されて続きが読みたい!

漫画「花園メリーゴーランド」は性に翻弄される少年・少女を描いた名作

花園メリーゴーランド

個人的にはこう思っています。
名作でしょう。時代背景は昭和50年前後なのか。となる集落の風習に翻弄される少年・少女。読んでいて気持ちが荒ぶってきます(笑)

この漫画の物語はまんざら嘘でもない話のようで過去に花園メリーゴーランドに近い風習の集落も実際にあったようです。

現代では見ることのできない習慣が漫画を通して経験でき、子供から大人へ変身する少年・少女達の揺れ動く感情も素晴らしいです。正に自分の知らない世界を学べ、読み物としても最高に面白いですよ☆彡是非、興味が出た方は読んでみて下さい。

ちなみに今風の少年・少女が性に翻弄される漫画「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も最高です。ただ「花園メリーゴーランド」の方がより一歩踏み入れた描写も多く人間臭さが全面に押し出されている感じです。


花園メリーゴーランド

花園メリーゴーランド

原作・著者柏木ハルコ
価格420円(まんが王国)

主人公は、ちょっと無口な高校1年生の相浦くん。旅行中にバスを乗り過ごし、知らない集落に迷い込んでしまい…。そして、土地の女性たちに誘われて、というか襲われて、いきなり貞操の危機に陥るが!


※まんが王国内にて「花園メリーゴーランド」と検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

※漫画紹介のため、引用と言える範囲で書籍画像を本文内に掲載していますが著作権者からの申し立てを頂き次第、すぐに画像等の削除に対応させて頂きます。