結末はハッピーエンド!『ブスが7億円もらったら』第2巻のあらすじ・ネタバレ感想

7億円を入間ゆきに与えた金持ちおばぁさん。
実はゆきのお祖母さんであることが判明した。ゆきの祖母である金持ちおばぁさんはゆきの父親でもある息子をゆきの実母に殺されていた。そのため娘であるゆきを利用してゆき母に復讐をしようとしていたのだ。

復讐劇が爽快感抜群!木元紀子の漫画「ブスが7億円もらったら」第1巻のあらすじ・ネタバレ感想

2017.03.31

第2巻ではラスボスであるゆきの実母への復讐が始まる。ゆきの実母は金をむしり取るターゲットを変え、顔を変えとしぶとく最後までクズ人間として生きる。

最終的な漫画の着地点は主人公である入間ゆきは人の愛情を知り、好きな人もできて幸せな笑顔を見せて締めくくってくれる。2巻ではゆき出生の秘密。金持ちおばぁさんとの関係性が変わってくる。人間の欲にまみれた姿が多く映し出されるが綺麗な終わり方となり入間ゆきが幸せになる姿を思い浮かばしてくれる結末であった。

『ブスが7億円もらったら』第2巻のネタバレ

ブスが7億円もらったら 登場キャラ

  • 入間ゆき:主人公
  • はな緒:ゆきの祖母
  • あけみ:ゆきの実母
  • 昇:はな緒の息子
  • 北沢:悪党医師
  • 武田:はな緒の秘書

ここから先はネタバレ要素を含みます。
ネタバレなしで漫画を堪能したい方は先に無料試し読みを利用しましょう。

ブスが7億円もらったら 第7話ネタバレ

ゆきの祖母であるカミングアウトをした金持ちおばぁさんこと「はな緒」。しかし、ゆきに対しては冷たい態度だった。ゆきを復讐の道具として使い、あけみへ復讐をしようとしていたのだ。ゆきを助けた祖母の秘書役である武田にホテルまで案内される。道中では祖母の正体を聞くことになる。実は祖母は大企業の総帥であった。

そして、祖母の息子であった昇には並々ならぬ愛情を注いでいた。
しかし、あけみにたぶらかされて一緒に生活するようになる。昇にとってあけみは心の拠り所。あけみにとって昇はヒモである。

クレジットカードの利用を止められると、あけみは態度が一変。昇をもう必要ない人間と罵り自分の家から追い出す。裏切られて心に傷を負った昇は自殺をしてしまう。

あけみの腹の中には主人公である入間ゆきが宿っていた。第7話ではゆき出生の秘密が描かれる内容となっている。

ブスが7億円もらったら 第8話ネタバレ

あけみ、北沢はゆきが消えたことに頭を悩ませていた。ここからあけみ、はな緒の因縁の話が回想していく。息子の昇が死んでから仕事に没頭するはな緒。そんな時、会社のフロントに赤ん坊を連れた女が騒いでいる情報がはな緒の耳に入る。そして抱えている赤ん坊は昇の子と言って暴れているようだ。

はな緒はあけみと対面する。そこには赤ん坊である入間ゆきがいた。

あけみは赤ん坊をはな緒に預けようとするが誰の子かもわからない赤ん坊を引き取るわけにはいかないと言い拒否する。キレて悪態をつくあけみ。しまいには5千万円で赤ん坊を売ってやる…という始末。本当にクズである。

赤ん坊を捨てようとする、あけみだが警察に捕まりたくないので仕方なくゆきを育てることとなる。

ゆきは武田から実母と一緒にいる医師についての情報を聞く。実母と一緒にいる医師は北沢と言い、姑息な悪党であった。実母は北沢に利用されているだけ。

あけみ、北沢はゆきの自宅にあった現金を盗んで海外逃亡することを考える。しかし、北沢の本心は一人で逃げるつもりだった。北沢の独り言を影から聞いている人物がいた。

ブスが7億円もらったら 第9話ネタバレ

あけみ、北沢が黒塗りのワゴン車に拉致される。移動した先にはゆきがいた。ゆきは二人に犯罪をバラされたくなければ自分の言うことを聞けと伝える。ひとつは盗んだお金を返すこと。もう一つが連れてこられた公園で1週間を過ごすことだった。

否応なしに公園で1週間を過ごすことになる二人。公園内には北沢に騙された人間がホームレスとして複数人もいた。昔の悪態の借りを返すホームレスたち。

1週間後、ゆきが二人の前に現れる。そして盗んだ金を隠した所まで案内させる。コンテナの中に車があり現金の入ったアタッシュケースは車のトランクルームに入っていた。ケースを開けるが現金はなかった。同時に逃げるあけみ。その瞬間、車が爆破してしまう。

ブスが7億円もらったら 第10話ネタバレ

あけみは美容整形をして顔を変えていた。
総合病院で目を覚ますゆき。命に別状はなかった。そして、あけみはホストクラブをオープンさせていた。

実は北沢の逃亡話を盗み聞いていたのはあけみだった。そして車のトランクに隠した現金を盗み、爆弾を作れる陰キャホストを利用して車に爆弾を仕掛けていたのだ。そしてあけみはゆきに援助していた人間がはな緒だと知り、復讐を仕掛ける。

はな緒は移動中に拉致される。拉致したのはもちろん、ゆき実母のあけみである。

ブスが7億円もらったら 第11話ネタバレ

拉致された祖母が心配で襲撃された現場まで行くゆき。現場で武田とゆきが会話している横を通り過ぎる女。整形したあけみだった。祖母のはな緒が拉致されて3日。監禁されているはな緒はあけみに侮辱されていた。あけみははな緒の全財産を狙っており、金の在り処を吐かせようとしていた。そして再び、ゆきを傷つけようとする。それを阻止するためにはな緒は隠し財産の在り処をあけみに伝える。

隠し財産を奪うあけみ。
武田のスマホには座標を示すメールが転送される。座標の位置へ向かう武田とゆき。しかし、その場所はもぬけの殻となっていた。武田、ゆきは窓際に書かれた「はんにんあけみ」といった書き残しを発見。ゆきは関東近県の美容整形外科に実母が整形していないかを武田に調べさせる。

二人はあけみの居場所を突き止める。

はな緒を監禁して有頂天のあけみ。大笑いして咳き込むと鼻がひん曲がっていた。それを隠しカメラでみたゆきは誰かに電話。例の件をお願いしますと伝える。

ブスが7億円もらったら 第12話ネタバレ

はな緒は粗悪な介護施設に監禁されていた。あけみに侮辱されるはな緒。その時、ゆきと武田がはな緒を助けに現れる。ゆき達がはな緒の居場所を見つけた理由はあけみが整形を行った闇医者に頼んで不具合がでた鼻の再手術時に小型発信機を埋め込ませていたのだ。

あけみに説教をするゆき。
そして、あけみを捕まえるために警察も到着する。最後の悪あがきであけみは持っていたハサミでゆきを刺そうとする。しかし、間に入ってゆきを守ったのは祖母である、はな緒だった。祖母からの愛情を知ったゆきは泣き叫ぶ。

1年後、HANAOコーポレーション取締役会議が開かれる一室にゆきの姿があった。あの事件以来、ゆきははな緒の会社を継いでいた。そして祖母であるはな緒がゆきの前に姿を現す。はな緒は肌身離さず身につけていた息子の写真入りのブレスレットが盾となり致命傷を免れていた。今では車椅子だが体は元気なようだ。

一方、ゆきの実母であるあけみは、実刑が確定。闇医者の腕が悪く整形した顔は整形前よりも酷いブス顔になっていた。

ゆきは周りに自分を受けれている人ができ、自分に少しずつ自信がついてきた。そんなゆきを見て、はな緒が「ゆき、あんた最近キレイになったね」と呟く。照れるゆきと武田。そして満面の笑みを浮かべるゆきがそこにはいた。


最後に家族の愛情を知り、人への不信感や自分への自信がついてきた入間ゆき。最後の笑顔は何より幸せそうな描写で心から良かったと思える一幕でした。

2巻は主にゆき出生の話、実母であるあけみの暴れっぷりが際立つ巻ですが最終的には綺麗な終わり方をしてくれて読後感も良いです。興味がある方はぜひ読んでみて下さい。

ブスが7億円もらったらを安く買う方法

この漫画は1巻150ページくらい。電子版で648円(税込)となっています。ボリュームに比べて少し高く感じる方もいるかもしれません。全2巻なので合計1296円です。少しでも安く読みたい場合はBookLive!のクーポンガチャを利用して購入すると安く買えます。

私は購入前にクーポンガチャを引いて「全作品5冊まで25%OFFクーポン」が当たりました。適用させて2巻まとめて購入したので合計972円でした。BookLive!なら毎日1回引けるクーポンを利用して漫画を購入することで定価よりかなり安くお得に漫画を買うことができます。

ブスが7億円もらったら〜リベンジ〜が気になっていて、少しでも安く買いたい場合はBookLive!の利用を強くお勧めします。