逞しい昭和の女性を描く漫画「戦後パンパン伝~御意見無用~」2巻のネタバレ・結末

戦後パンパン伝(2)

これは、昭和22年敗戦から2年がたった日本で、麻美(別名・花電車のアザミ)が、仲間の幸せを願い日々奮闘する物語だ。日本がアメリカの占領下だったこの時代、生きていくためには相当な苦労があった。

この主人公「麻美」も、夫の目の前で米兵に輪姦され、離婚を余儀なくされた。

家も焼け孤独となった麻美は、同じく頼る当てがなく居場所を探していた少女「ユキ」と共に生きていく事を決めた。そして、「お初」と出会い、「花電車」の世界を知ることになる。

こうして麻美は自分の体を売ってお金を稼ぐ「パンパン」ではなく、自分の体を使った芸を見せてお金を稼ぐ「花電車」の道を選ぶ。

(※パンパンとは軍人に体を売る娼婦のこと)
(※花電車とは女性器を使った芸のこと)

麻美の持ち前の性格の良さや強さが、周囲をどんどん惹きつけていく。たくさんの仲間や恋…そして麻美たちを良く思わない敵達の存在…。

前作「戦後パンパン伝〜御意見無用〜」1巻に引き続き、今作も非常に見応えのある内容になっている。

ストーリーな女たちシリーズを読むなら…

漫画「戦後パンパン伝」は電子書籍限定の漫画です。購入は電子書籍ストア「まんが王国」がおすすめ!ストーリーな女たちシリーズの配信が早く独占先行配信作品なども多数あります。スマートフォン片手にサクッと漫画を読める手軽さも魅力です。

※電子書籍ストア「まんが王国」内にて「戦後パンパン伝」と検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

北上祐帆の漫画「戦後パンパン伝~御意見無用~」1巻のネタバレ感想

2017.09.07

漫画「戦後パンパン伝~御意見無用~」2巻のネタバレ

第5話

いつか自分たちの城を手に入れる為、花電車以外にモデルの仕事を始めお金を稼ぐ麻美。その帰り道、首吊りをしようとする女性を発見する。放っておけない性格の麻美は、その女性を保護した。

だが、その女性のお腹は大きく妊娠していたのだ。

そこへ、「鈴木ジョー」という男が車で通りかかる。すぐさま助けを求めた麻美は、自分の住処へ妊婦を送ってもらった。妊婦を連れて帰った麻美だが面倒になる前に早く追い出せと仲間に反対されてしまう。

しかし、目を背けられない麻美は仲間の反対を押し切り、妊婦の世話をする。

この時、麻美はまだ事の重大さに気づいていなかったのだ…。しばらくして生まれてきたのは黒人の赤ん坊…そして母親は突然姿を消した…。

子育ての大変さ、黒人の赤ん坊に対する世間の冷たい眼差しは麻美が想像していた以上に過酷だった。

第6話

今のままでは自分たちの城を手にすることは難しいと株に目を付けた麻美たち。仲間200人が少しずつお金を出し合い3万円の軍資金が集まった。

その頃、ユキの態度がおかしいと感じた麻美は外出したユキの後を追いかけた。物置みたいな小屋に入っていくユキ…。そこで麻美が目にしたのは、ヤクザ者の「トーイ」と性行為をしているユキの姿。

ユキだけは汚さずに学校に行かせ幸せな結婚をさせたいと願っていた麻美にとっては、とても辛い現実であった。

しかし、2人は結婚をすると言う。すかさず反対した麻美に対して、ユキは麻美の元を出ていくと言い放った。

落ち込む麻美は仲間の元へ帰る。だがそこでまたしても事件が起きたのであった…

株の為にみんなで貯めた3万円がなくなっていた…犯人探しが始まる中、麻美は犯人捜しはしたくないと、お金は自分が何とかすると告げた。お初の忠告も無視して、イライラからお初に当たってしまう麻美。

そんな麻美にお灸を据えるべく、お初までも麻美の元を離れて行ってしまった。大事な仲間を2人も失った麻美は気力を失い、何もかもうまくいかなくなった。

そんな麻美を更に追い詰めていく「マリア」の存在。
(※マリアとは初代女王のことだが過去に麻美とのタイマンに敗れ女王の座を失った女)

マリアにハメられた麻美は拉致されてしまう…。

第7話

拉致された麻美はマリア達に監禁され、金を稼ぐ道具にされてしまう。ここからは逃れられないと感じた麻美は、とにかく体を売って働いてお金を稼ぐことを決意する。だが、そんな麻美の考えは甘く1日10人相手していくら働いてもお金はマリアの元に流れ込む事を悟った。

そして、体を売る以外に花電車の芸を披露し、米兵からチップをもらい枕の下に隠し貯め続けた。

そんな頃、麻美の仲間たちは麻美の居場所を突き止める為に必死に動いていた。その話は「親分さん」にまで伝わり、麻美を助ける為に親分が動いた。(※親分とは麻美が恋心を抱いている相手・そして親分も麻美を想い続けている)

だが、麻美の居場所を突き止めようとした親分は射殺され死んでしまう。

第8話(最終話)

親分が死んだことをマリアから聞かされた麻美。その日から麻美は泣き続け、仕事も上手くいかなかった。そんな時、お客で「鈴木ジョー」訪れた。ジョーはお客としてではなく、実は麻美を助ける為にやってきたのだ。

ジョーのおかげで、麻美はマリアのアジトから脱出することに成功した。

追手が追いかけてくる…だが、行く手にはパンパン狩り…(警察官による娼婦狩り)。米兵から貰ったチップはドル札で、日本人がドル札を持つことは違法に当たり見つかれば捕まってしまう。

絶体絶命のピンチの麻美。ここでパンパン狩りをしている警察官が元夫だという事に気づく。一か八かで元夫のポケットにドル札を忍び込ませ、後で返してと告げ警察車両に乗り込んだ。

マリア達から逃れられた麻美だが警察署で数々の検査が待っていた。

女性器が健康になるまでは、入院しなくてはならない。元夫がドル札の事を上司に報告してしまうかもしれないという恐怖を抱えながらいた。

そんな時、麻美の元を出て行ってしまったユキがトーイと共に病院の窓の外に現れた。

お初や他の仲間たちもみな駆けつけ、麻美が帰ってくるのを待っていると…また希望の光が見えてきた麻美は、入院中にミシンで裁縫の勉強をした。体もすっかり回復し晴れて退院の日を迎えた麻美の元には、たくさんの仲間が出迎えていた。

そして、最後に元夫は封筒に入れたドル札をそっと麻美に手渡した。

漫画「戦後パンパン伝〜御意見無用〜」2巻の感想

戦後パンパン伝(2)

前作に増して、試練や葛藤が麻美を苦しめた今作品。

下半身は見せても体は触らせない!という麻美の信念は無念にも崩れ去ってしまったが、仲間の元に帰るために体を張った彼女の姿は非常にたくましかった。

最愛の人を亡くしてしまった麻美だが、またひと回り成長を遂げた感じがする。

これからの麻美たちの行く末が気になるところだ。

ストーリーな女たちシリーズを読むなら…

漫画「戦後パンパン伝」は電子書籍限定の漫画です。購入は電子書籍ストア「まんが王国」がおすすめ!ストーリーな女たちシリーズの配信が早く独占先行配信作品なども多数あります。スマートフォン片手にサクッと漫画を読める手軽さも魅力です。

※電子書籍ストア「まんが王国」内にて「戦後パンパン伝」と検索すると素早く作品を絞り込んで表示してくれます。